« だんご に 御縁 | トップページ | 名指しの ご教化 »

官僚たちの冬

2009/5/29

城山三郎さんの書かれた「官僚たちの夏」という小説を

ずいぶん前に読んだ事がある。事務次官人事を決める

記述など、妙に生々しい印象を覚えたが、読んでいて

腹も立った記憶があります。

先日書き込んだ「埋め草記事」にコメントをいただきました。

総務省が天下りの実態を先刻ご承知だったことは

その通りですが。今までならば野党の情報開示要求を

自民党にお伺いをたて、当然 NO!の回答がありますので

「文書不存在」という回答をして、オワリ

だったのが、隠し切れずに、小出しに開示するようになった

と云うのが実態でしょう。

また、近々 下野(しもつけ でなく げや と読みましょう)

必至の政党の云うことなんか聞いてられるか!!かも?

こういった官僚の稚拙な反撃劇の上演劇場が以前比べ

かなり多くなりました。

自民党 と 民主党 の両方とも官僚出身の議員が

沢山います。私の町出身の某代議士は、ビ-トたけし さんの

テレビ番組などによく出演されていますが、漫才でいうといつも

呆け役をさせられています。地元の盆踊りなどでは秒単位の

移動で全地区駆けめぐっているようですが、本来の職場

  国会(本会議・委員会とも)

で見たことはありません。

------------------------

両党の官僚出身の議員は明確に差異が有ります。

与党の議員は 党に乞われて職を辞し、官僚中心の

政治を守るために粉骨されてみえる。ウラル-トの

利益誘導の術にたけている。官僚時代の仲間とは

欲という太いパイプを有する。        

    が

野党の議員は 若い内に希望を持って入省したが

あまりのひどさに怒りを持って、職を辞し、政治の世界に

飛び込んだ。かなり能力的には優秀な人材が多く

怒りが有るが官僚の世界と決別できずにいる省内の

同士とのパイプは温存し、情報もそこから得ているらしい。

------------------------

という、かなり野党に甘い評価を私はしているが。

いずれにしろ、今の官僚政治は止めてもらいたい

ものです。

CCCP 又は USSR を滅ぼした、ゴルバチョフ大統領

の ペレストロイカ(改革)の成功は

陰に表裏一体の グラスノスチ(情報公開)が有ったと

聞いている。官僚たちが小出しながら、情報を出すように

なったと云うことは、意外に 「官僚たちの冬」

近くに有るのかもしれません。

古葉を枝から全部落として、新芽の芽吹く春が

待たれます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« だんご に 御縁 | トップページ | 名指しの ご教化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だんご に 御縁 | トップページ | 名指しの ご教化 »