« ザイマス と 微上下運動 | トップページ | 鷲塚の蓮如さん »

お下がり

2009/4/21

去る19日(日)好天のなか、第12回のは なまつり が

終了した。昨年より少し少ない50名ほどの子供たちが

お参りしてくれました。公共施設の 東部市民プラザ

を会場にしているため、玄関前にしばらく置いておいた

白象と花御堂のお釈迦様にお年寄りの方々もお参り

された。というのは、この施設 お風呂 が併設され

ていて、年間無料入浴券が高齢者に配布されるため

いつもにぎわっている。人口7万にんの小さな町に

市役所が作った お風呂 が3つもあり、いずれも

高齢の方に人気で、日本人のお風呂好き度が良く

わかります。公設浴場の進出のためか長年営業して

いた、有料の施設公衆浴場(銭湯のこと)が廃業して

しまいました。既存の銭湯を使って高齢者の外出を

促している隣町の政策とは大違いのハコモノ行政を

絵に描いたような我が町、長年の放蕩がたたってか

今年はかなりの緊縮予算を組んだようで、市民生活

にも影響がでているようです。

さて、お下がり カメラを持って行かなかったので

はなまつり

の映像はありませんが、子供たち一輪ずつ持ち寄って

誕生仏にお供えしてくれた、花のお下がりをもらって

来ましたので、運良く我が家の 月忌参りの日と重なり

仏花に転用させていただきました。

Photo

たくさんあったので、母親のベッドサイドにもお裾分け

Photo_2

お風呂に来ていた高齢者たちは、盛んにはなまつりを

懐かしがって甘茶を飲んで行かれましたが、思い出だけに

なっていて、天上天下唯我独尊 が相続されていないよう

である。おはなしをする機会を与えられたので、子供たちに

「家に帰ったら、おじいさん・おばあさんに 子供のころ

はなまつりに行ったことがあるか?きいてみて」と

お願いしておいた。

花には全く興味のない 我が家のワンコの写真を

おまけして起きます。花より焼き芋が好物だワン

Photo_3

Photo_4

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« ザイマス と 微上下運動 | トップページ | 鷲塚の蓮如さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

釈 孝善さま お久しぶりです・・と言ってもさっきいっしょに晩ご飯をたべましたね。(ブログではと言う意味です)今回のはなまつりのお手伝い、ご苦労様&有り難うございました。子供としてのはなまつりや報恩講の思いでは、お参りしたという事実だけで十分ですよ。将来自発的にお参りしたときに思い出すことが大切で、そこに連れて行ってくれた人のことを憶念してくれるとより嬉しいですね。安専寺の亡くなった坊守さんに感謝です!!

投稿: 釈破旬 | 2009年4月23日 (木) 22時30分

ブログをなかなかみないですが、今回はお参りをさせていただきました。
私のはなまつりといいえば、毎年春休みに岡崎の別院にいくというが思いで深く印象が強が残っています。

でも子供心かはメインはなまつりというよりも終わった後のお下がりのお菓子と、東岡崎の駅の2階の喫茶店でクリームソーダを飲むのが楽しみだったなぁと感じてしまいますね(笑)
子供というのはそんなものなのかなぁ~と思いながら少し恥ずかしいと思いますね(汗)
そう思ったのか、今回はいい機会だったと思いした。

投稿: 釈 孝善 | 2009年4月23日 (木) 14時33分

junji さん こんばんは
確かに立派な仏壇(真宗では お内仏 とよびますが)ですね。とてもわがあばら屋には似つかわしく無いものですが、祖父が中古で購入したもの(洗濯はしました)
だと聞いています。手入れは連れ合いが月に一度お寺さんが来る日に直前清掃をするだけです。毎日お勤めはしますがね・・。母親がこの家を建て替えるときに三部屋続きの真ん中の部屋に仏壇を置くように設計しましたので、家の中心に阿弥陀さんが居られることになっています、その母親も私の結婚の直前にくも膜下出欠で倒れ、結婚式に出られないことになったので、式を自宅の仏壇の前で仏前結婚にしました。
娘が長野の学校に行きましたが、そのとき三つ折り本尊
と言うものを持たせました。携帯用の仏壇みたいなもので、アパ-トで埃をかぶって居るようですが、たまに
気が向くとお勤めをしているようです。仏壇はやはり今私に必要なものかも知れません、粗末なものでも価値は
こちら次第なのかも・・・
以前、ある住職から仏壇の障子はお参りしないときは閉めて置きなさいと教えられました。理由は私がお参りするとき以外は仏さまはそこには居ないからとのこと、私が手を合わせていないときはタダの木の箱なのかもしれませんよ!!

投稿: 釈破旬 | 2009年4月22日 (水) 21時55分

立派な仏壇で驚いています。寺院の宮殿そのままの格天井であり、左の絵像は蓮如上人でしょうか、お顔が隠れていてよく解りませんが、知多半島の門徒さんのとは違いが歴然としています。荘厳・お手入れも行き渡り感心しました。阿弥陀さんは本山下付のものでしょうか。私も仏壇を買わなければならないのですが、跡取りが居ないためと先延ばしにしております。

投稿: junji | 2009年4月22日 (水) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ザイマス と 微上下運動 | トップページ | 鷲塚の蓮如さん »