« 世界を滅ぼす七つの大罪 | トップページ | 六升三合 & 一合 »

好況よし、不況さらによし

2009/3/2

しばらく毎日届けられる新聞を読めずに溜めていた。

片づかない家の中が、狭くなってきて、専業主婦に徹して

みえる、お連れ合いに云っても、身が重く動く気配すら

みえないので、仕方なく 専業主夫 をすることになりました。

と言ってもこちらの 主夫 は新聞をヒモでくくる前に

読み始めるので、遅々として作業がすすみません。

しばらくシリ-ズで、過去の新聞記事の受け売りが

続くかもしれません。

タイトルの

「好況よし、不況さらによし!」

は有名な経営の神様と云われた人の言葉です。

他にも

「不況時こそ人材育成の好機!」

とか

「衆知を集めた全員経営」

を説かれているとか、また彼の秘書を務めていた人は

常々そのご主人の経営の神様が

「リストラをするときは、まず経営者が辞める」

「社員を大事にせえや、人間を大事にせえや。

            物とは違う」

とおっしゃっていたと云われます。

さすが、神様!!いいことを云われますね、

この気持ちで会社を興し、社員と共に世界有数の

大企業をを作り上げました。

でもその後継者である、現在の経営陣は

人員削減をいとも簡単に、無表情な顔をして発表

しています。確かに経営者として カブヌシさんにも

責任があるので、首切りの謝罪は口が裂けても

云えないでしょうが、発表するときにせめて顔で

   すんまへん

と云って欲しかったヨ

ここの経営陣が誰か辞めたという話もききませんね。

さて、この神様と秘書の名前は後日ブログにて

お知らせいたします。コメントにて回答も

    welcome

です。

この会社ではありませんが、近くにある世界一の

会社はしばらく創業者出身の経営トップ就任を

やめていましたが、苦しいときの創業者頼みなのか

創家の方が社長になりました。ここの創業者の

サキチさんは社員のことをどう思っていたんだろう?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 世界を滅ぼす七つの大罪 | トップページ | 六升三合 & 一合 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
ネオりべ的金融資本主義が、企業の社会的責任を蹴散らして暴走しています。
株主への義務だって?雇用者への義務はどうしたんだ?
ホンのわずか株主配当を減らしたり、内部留保を取り崩せば、派遣労働者に年収300万円支払うことが出来るのに・・・
彼らは労働者であると同時に消費者でもあるのですから、確実に収入があれば必ず家電製品でも車でも
衣類でも買います。
私は今何も買えません。先の見通しがないですから。
内需を拡大しようとせず、目先の利に囚われている大企業に明日はありません。
コーノスケさんもサキチさんも、あの世で嘆いているでしょう!?
経営の見通しを誤った責任すら、下請け企業や労働者に押し付けて恥じる事なき態度は許せません。
腐った資本主義者は犬にでも食わせたほうがよいかも・・・
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の処理が進まず、世界経済が破綻に瀕しているからこそ
内需の拡大が今、必要不可欠な課題なのに、何でやらないんだろうと不思議に思っています。

投稿: 派遣の品格 | 2009年3月 6日 (金) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界を滅ぼす七つの大罪 | トップページ | 六升三合 & 一合 »