« 感動した人に感動する記者 | トップページ | 宗祖の呼び方考 »

陰徳 vs 陽徳

2009/2/12

先日ラジオで 永六輔 さんの

  「遠くへ行きたい」

を聴いていたら、長年疑問に思っていることが

腹に落ちました。

災害や生活困窮者への支援に キリスト教の

人たちは熱心なのに、何故、仏教系のひとは

参加しないのであろうか?と言うのがわたしの

長年の疑問でありました。

昨年末の 「東京の派遣村の支援にたくさんの

お寺さんが居た」、と永さんは云われます。

でも、お寺さんの格好をしていないので

判別はできません。顔見知りの方を見かけたのか

ご自身が寺の生まれなので、普通の服装を

していても、話すことやすることを見れば

寺の方々というのが解るのでしょうか?

仏教では、陰徳(隠徳かも?)と云って

徳のある行動をしても、自らPRせずに

行いだけをして、名も告げず立ち去ることを

良しとしているのだそうです。

そう言えば以前よく読んでいた東京の真宗寺院の

坊守さんのブログには、よく

 山谷(日雇い労働者の集まる町)で

炊き出しをしたとかいてありました。

これからはそんな現場を見たときには、

お寺さんもいるだろうな~と思うでしょう。

反面、そんな場所で陽徳という動きをする人が

いるそうです。背広をきて、胸にバッチを付け

お供の人をつれ、額に汗することなく、

こちらは 名前を連呼して極めて短時間で 

立ち去ります。アソウタロウという人が

その代表をしている職種の方々です。

そこまではしなくていいけど、仏教系の方々

も、何気なくちゃんとやってることを知らしむる

いい方法は無いのだろうか?わたしのような

誤解をしている人も多いので・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 感動した人に感動する記者 | トップページ | 宗祖の呼び方考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感動した人に感動する記者 | トップページ | 宗祖の呼び方考 »