« 英会話 | トップページ | 振り込め詐欺に似てるぜ大臣 »

納棺師 と エンゼルケア

2009/2/25

アカデミ-賞の外国語映画賞に

     「おくりびと」

が選ばれました。にわかに 納棺師(小説は納棺夫)という

仕事が脚光を浴びそうな雰囲気ですね。

先日、CBCラジオ「つぼイのりお の 聞けば聞くほど」

という番組でも話題になり、リスナ-同士がラジオを介して

討論していました。賛成派もあれば否定的な意見も出ました。

私は何でも反対派みたいなところがありますので、反対派の

意見に賛成でした。反対派の意見の中に

「そもそも、この職業は失業対策として考え出されたもので、

葬儀屋さんの誘いにのり、納棺師をたのむと、ビックリ

するような請求書が後で回ってくる。」といわれていました。

納棺師なる職業が生まれる前は、当然のように 家族と

寺(神社もあるかも)がその役目を担っていたのでしょう。

死後の身体の処理については、最後に看取ってくれた

看護士さんや、介護士がしているようなことを、看護学校に

通う長女から聞いたことがあるので、確認したら、実習で

身体をきれいに拭いてあげて、鼻、口、耳などの穴のある

ところに脱脂綿をつめる作業を経験したそうです。当然

ご家族の方にもお手伝いを促すようです。

この行為のことを エンゼルケア と呼ぶそうです。

脱脂綿やお化粧品まで入った エンゼルケアセットが

用意されているとも、教えてくれました。

そこで、文明の利器 パソコンでインタ-ネット検索を掛けた

ところ、看護士さんのブログにヒットし、いろいろ質問してみました。

まず、

料金・・・入院費用に含まれているので、別料金無し     

どんな気持ちでされるのか

   ・・・ご家族の別れの時間をとってから、頃合いをみて

     はじめさせて頂きます。私は、いろいろと心の中で

     話しかけながら、少しでもきれいになって

     お家に帰ろうねと言います。

亡くなる直前まで、生かそう、生きて!!と努力していただいた

看護士さんならではの回答ですね~ェ 納棺師さんにも

負けず劣らず こころ がこもっていますよね。

もっとも私は、小説「納棺夫日記」も読んでないし

         映画「おくりびと」も見てないのですが

このブログの看護士さんのコメントを読んで、読む必要も

見ることも無いだろうと思っているところです。

くだんの リスナ-討論の賛成派の意見の中に

喪主やその家族の忙しさ故に、必要だと言う人が居ましたが、

そんなに忙しく、片付け仕事のように 葬儀を進行する

葬儀のあり方が問題で、今一度 お葬式をする意味を

考え直さなければならないときが来ているように思います。

教える立場にある方々にも頑張っていただきたいですね。

------------------------

おまけ

ブログの看護士さんは 先輩看護士から

   見送るときなど「これからお家にかえるよ」と

      言わないと魂が病院に残る

と言われたそうです。浄土真宗門徒では笑い話なのですが

笑わない門徒がいるかも??仮に  が存在するとしても

病院よりも家に帰りたがるはずですから、心配無用ですヨ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 英会話 | トップページ | 振り込め詐欺に似てるぜ大臣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京おくりびとさんこんばんは、
このハンドルネ-ムをどこかでお見受けしたような
気がします。

映画はともかく、本の方は知り合いの住職さんからも
読むように勧められていますので、図書館で借りて読もうかとも思っていましたが、文庫本は加筆されているとのアドバイスをいただきましたので、そちらで読んでみます。有り難うございました。

投稿: 釈破旬 | 2009年3月 5日 (木) 22時22分

始めまして、東京おくりびとと申します。納棺師ではなく、葬儀社を経営しております。

青木 新門さんの「納棺夫日記」は、今は文庫本
で出版されています。こちらの方がお勧めです。
初版本より、宗教的な章が追加されています。

私は不勉強なので、その内容が正しいか否か分かりません。

投稿: 東京おくりびと | 2009年3月 5日 (木) 12時40分

junさん こんにちは
コメントを読んでいて思いつきましたが、確かに生身の身体として最後の儀式ですので、厳粛に進められることが必要と思う反面、最後くらい縁ある者たちの手でお世話してあげて欲しいと思うのです。というのは一年ほど前に姉のところから帰ってきた母親を介護していますが、身体を濡れタオルで拭いているときに、ほくろを見つけました、今まで母親の裸を意識してみたことが無く、ほくろの存在も目にしていたのにしりませんでした。たぶん反対に母親の方は私のほくろのあるところはすべて知っているでしょう。エンゼルケアを家族が話しながらするときに思わぬ発見や隣で作業している人から大切なことを教えて貰うことができるかもしれません、その最後のチャンスをまるで縁もなかった白衣・黒鞄のひとにゆだねてしまうのは、モッタイナイ気もしてならないのです。
葬儀はもう少し時間の流れをスロ-にして、シンプルに
行えるような環境を作る必要がありますね。心の準備だけはできるので、今から心がけておきたいと思います。

投稿: 釈破旬 | 2009年3月 3日 (火) 13時33分

13年程前に父の死の際に納棺師という職業があることを初めて知りました。納棺の儀になって初めて白衣・黒鞄の男性が登場し、布団の父に、折り目正しく、半襦袢・長襦袢と肌を見せずに着せ、大勢が見守る中で厳粛に進めていきました。何かしら美意識も感じられました。その際に、脱脂綿等の処理の過程はありませんでした。(死亡当初に処置したものと想像されます)。費用に関しては、喪主ではないので知りませんが、常識的な範囲ならばお勧めしたい気持ちです。きっと兄も他所で見て気に入り納棺師を依頼したものと思います。北海道では普及しているのかも知れません。本来ならば家族で行うことですが、儀式として形式美を重視するならば、そんなに問題はありません。

投稿: jun | 2009年3月 3日 (火) 11時47分

ある葬儀社の社員さん こんばんは
医者だけでなく、看護師も慢性的に不足していて、病院で彼女(彼もいますが)たちの働くのをみていると、かわいそうになるほどハ-ドですね。私は子供が4人いますが、長男は介護士、長女は看護師(たまご)でして
大変な仕事に就かせてしまったな~と、申し訳なく思っていますが、ひとの役に立ってくれているので、チョッピリ自慢したい気分もあります。
「おくりびと」は原作者の青木さんは納得がいかないようなことを言われていたと聞きましたが、云われるように意図しないような場面がきになったのでしょうか?
本は図書館で一度借りて読もうかとも思っていますし、映画もDVD旧作になったら見てみることにします。
またよろしかったら、遊びにきてください

投稿: 釈破旬 | 2009年3月 2日 (月) 00時01分

こんにちは、はじめまして。

エンゼルケアと言うんですか、口や鼻・耳他に綿を詰めることを。不勉強で知りませんでした。専ら
病院まかせですから、我々葬儀社の者は直接タッチする事が少ないのです。

最近は其の処置が雑になってきたように思います。
つまりいい加減な詰め方なので、あとから体液が漏れる事態が増えてきているのです。

以下は 私の経験です。
先月、納棺協会(映画おくりびとのモデルになった会社)にメイクをお願いしました。
翌日見たら、鼻から体液が漏れて、まるで故人が鼻水を垂らしている様で、みっともない状態です。

協会に電話をして直して下さるようにいいました。返事はかなり事務的で、アチラの都合の付く時間で、しかも有料でなければ引き受けないとのこと。随分高圧的な表現で、私的には腹が立ちました。
それでも自分で直せない(特殊メイクなので普通の
化粧品でははげてしまう)ので、お願いしました。

やっぱり先発企業は高いんですね、
他の納棺会社だったらメイク直し程度なら、無料という事を他所から聞いて、正直後悔しました。
御葬家には追加料金は請求しませんでした。
最初からしっかり綿詰めしていたら、こんな事には
なりませんでしたから・・・・・

こんな会社には二度と頼みたくない気持ちですが、私は社長じゃないので、自分勝手には決められません。

映画「おくりびと」はあくまで納棺師だけにスポットをあてていますから、葬儀に関わる者が見ると
不自然で作り物めいたところが多々見られます。

例えば、お棺がむき出しで展示してあったり、社長がふぐの白子をむしゃぶりつく場面、主人公の父が死んだ時、遺品を納めたダンボールを地元の葬儀屋が足で蹴飛ばしたり等々。見るに耐えないです。

ユーモラスな場面もあり、バランスのとれた脚本・主演者・ロケ地等、に恵まれた為のオスカー受賞と考えたほうがいいです。
わざわざ見る必要はないと考えられます。
特に広末涼子はセリフがフニャフニャで、こそばゆくなりました。あれはミスキャストかも?

私は社命で見ました。

初見ながら長々と書き込み、失礼しました。


投稿: ある葬儀社の社員 | 2009年2月27日 (金) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英会話 | トップページ | 振り込め詐欺に似てるぜ大臣 »