« ちっちゃなオニギリ | トップページ | 子供には こどもの ことば »

オ-ルブラックス と 地球温暖化

2009/1/8(二回目)

軍縮して温暖化対策を!!と提案しましたが

今回はお手本にしたいような、よその国のお話です。

    オ-ルブラックス

世界最強のラグビ-チ-ムの名前であります。

草ラグビ-のチ-ム 白鯨クラブ のメンバ-

である(あった の方が正確かも)私にとっては

憧れの チ-ム。 試合前に ハカ という原住民が

戦いに行く前に、自分を奮い立たせるために踊った

踊りをします。

ラグビ-と共にニュ-ジ-ランドを表すことに

人間さまの数よりも、ひつじの数が多いことがあります。

世界有数の牧畜国なのです。人口400万人の国に

牛 1000万頭

羊 4000万頭

と言いますから、スゴイ数です。その牛と羊が多いことが

地球温暖化を促進していると、云われています。

草食動物である、牛と羊は大量の草を食べます。

4つの胃袋を持つ、反芻動物の牛の1番目の胃袋の

容量は180リットル(ドラム缶一本分)もあるといいますから

スゴイですね。その胃袋の中にバクテリアが生息していて

草を発酵させて、メタンガスを発生させて、ゲップとなって

大気中に放出されます。その量はニュ-ジ-ランド一国の

温室効果ガス排出量の45%を占めるというから、やはり

なんとか対策をと、政府は考え ゲップ税を徴収し、その税収

を温暖化対策に使用として、法案を提出したそうですが、

農家の大反発を受け、あえなく廃案になったとか。

税額は 牛 一頭 72セント

     羊 一頭  9セント

だったそうです。農家の反対の理由は 農家だけに責任が

あるのか?? と言うことですので、もっともで食べている

私たちの方が責任がおもいでしょう。

ではどんな対策をするのでしょう?という疑問がでますが

胃袋の中に棲む、メタンガスを発生させるバクテリアを

殺してしまおうと、試行錯誤したところ、バクテリアがいなくても

牛や羊はあまり影響が無いことが解り、いまその方法を

試験中だそうです。

キョウトプロトコル(京都議定書)をとりまとめた議長国の

どこかの政府と違い、着実に取り組んでいるようです。

国の基幹産業で実効ある取り組みをしているところが

     あっぱれ!!

であります。さあ議長国も頑張りましょう!!

ちなみに メタンガスは CO2・二酸化炭素の

20倍の温室効果を発揮すると言われています。

ゲップを回収して発電に使いたい心境です。

また、納税に月賦は効かなかった模様

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« ちっちゃなオニギリ | トップページ | 子供には こどもの ことば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちっちゃなオニギリ | トップページ | 子供には こどもの ことば »