« だんさん 100→51→40 | トップページ | 機(難しい!!)と 釈微玲 »

だんさん 100→51→40(予定)

2009/1/23

浄土真宗の方以外には関係ないかも知れませんが、

2年後の2011年は 宗祖 親鸞聖人 が亡くなられてから

750年目にあたり、真宗各派では ご遠忌の準備が進められ

ている最中である。親鸞聖人の師である 法然上人も

先立つこと50年前に亡くなられているので、浄土宗の方には

法然上人800回忌を勤められることになっているようです。

さて、我が派 真宗大谷派(東本願寺)でも大きな法要が

予定されています。全国各地からお参りの方が沢山

京都に足を運ばれるようです。

    しかし

タイトルの数字ですが、かなり真宗門徒としては

ショッキングな数であります。だんさんは団体参拝の意

この数字に万を付けたものが、ご遠忌の参拝者数

なのだそうです。もっとも、これは 本願寺派(西本願寺)

さんのものです。

2年後の750回忌 は 40万人を予定してみえるそうで

その前の51万人は 50年前(昭和36年)の700回忌

その前の100万人は 100年前(明治)の650回忌

の実績なのだそうです。ずいぶん減少していますね。

江戸末期の日本の人口は約3000万人なのだそうです。

当時の日本国土で生産できる食料で生存できた

人間の数が3000万人だとも聞いたことがあります。

今やその4倍以上の1200万人を超えています。

農業技術の進歩で米などの生産力が倍になっている

そうですのが、メニュ-も加味するとずいぶん外国の

ひとに食べさせていただいていることを、痛感します。

食料問題に話が行ってしまいそうなので軌道修正して

100年前の日本の人口は多く見積もっても今の半分

も無いでしょうから。参拝される方の人数の減少は

恐ろしい比率であります。加えて交通機関を考えると

鉄道も今のように整備されていないでしょうし。

新幹線、高速道路、大型観光バス、飛行機などは

皆無の時代に、100万人の方が京都に行かれた

ご苦労は想像できないほどであります。

我が 真宗大谷派(東本願寺)の参拝者推移は

どうなんでしょう? ご存じの方がみえたら教えて

いただきたいところです。

明治を生きた祖父母は上山されたのだろうか?

いまとなっては聞きようがありませんが、父母から

は聞いたことがありませんので、50年前は我が家

からは ゼロ なのでしょう。祖父母が行かれたと

仮定して、2年後は我が家から 最低6名は参拝

予定ですので、3倍増。一人数回の可能性も

あるかも知れません。

ただ 数 が多ければいいというものではありませんが

思いが足を向けさせますので、全国の門徒さんも

明治の先人たちに負けないように、足を運びましょうよ!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« だんさん 100→51→40 | トップページ | 機(難しい!!)と 釈微玲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だんさん 100→51→40 | トップページ | 機(難しい!!)と 釈微玲 »