« 自業自得オバサン生還 | トップページ | オ-ルブラックス と 地球温暖化 »

ちっちゃなオニギリ

2009/1/8

アルツハイマ-に冒された連れ合いと生きる夫婦の

特集番組が放映されていた。残念ながら放映を

見逃したが、予告編を何度も放送していた物を

見させていただいた。

連れ合いが、みるみるうちに記憶を失い、能力が

剥離されていく姿を目の当たりにする家人の

気持ちが伝わって来ます。当然口論の場面も

多く出てきます。

我 ご生母の 礼子さんも、最近食事をしたことを

たまに忘れることがあります。今晩も寝ようとしたとき

「お腹がすいた、ごはんを食べてない!!」

と身振り手振りでいいだしました。

もっとも我が連れ合いが退院してきたので今日から

配膳を彼女がするようになり、ごはんの盛りが

小さかった可能性もありますがネ

でも母親は言葉が話せないので、そこまでの意思表示

はできず、不明であります。

よく(不)認知症のかたが、夜中にお勝手でジャ-の

ごはんを食べているのを嫁に見つかり、嫁姑のバトル

が展開されるドラマなどがありますが。残念ながら

我が家では不可能なシチュエ-ションであります。

まず、自分でお勝手に行けません、口論も不可

結局は 嫁が ちっちゃいオニギリ を握ってくれ

それを合掌して(半身不随なので片手で・・手刀みたいな

合掌ですが)いただいて、満足して眠りに着かれました。

こんな現象の頻度を増しながら浄土へ帰る準備を

しているのでしょうか??

話は戻りますが、アルツハイマ-のご夫婦

散歩されるときに、仲良く手を繋いでいる姿が

カワイイ ですね。

わが夫婦はいつになったら 手を繋いで歩けることやら

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 自業自得オバサン生還 | トップページ | オ-ルブラックス と 地球温暖化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはmatinekoです
奥様は優しい方なんですね
ちっちゃなおにぎり・・・私も母が痴呆になったら
見習いたいです。

知り合いのお医者さんが老人病院に勤務することになって3年。当初はどう対処すべきか、おおいに迷われたそうです。
先日お会いしたところ、「ボケたほうが勝ちだね」
と謎めいた言葉をおしゃいました。
そのあとは、飲めや歌えのドンチャン騒ぎで訳を聞き損ってお開き・・・

お世話が大変なのか、浄土へ行くまでの苦しみから
患者さんが解放されるからなのか私には解りません

何れにせよ、お世話する方がいる事は
患者本人にとって幸せなことは事実です
お世話する方はとっても大変なんでしょうけど。

役にも立たない介護保険制度は、もっと使えるように改革すべきです。
妹は介護士をしていましたが、介護報酬が少ないうえに腰痛になってしまい、仕事を辞めました。
まだ住宅ローンが残っているのに可哀想です。


投稿: matineko | 2009年1月 8日 (木) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自業自得オバサン生還 | トップページ | オ-ルブラックス と 地球温暖化 »