« 行く年、来る年 | トップページ | クリスチャン政治家・今昔 »

寺からの X.masカ-ド

2008/12/21

昨日だったか、我が家のポストに近くの 真宗大谷派 の

寺の住職さんから クリスマスカ-ド が送られてきた。

昔から我が家の子供には

「うちは浄土真宗だから、クリスマスは関係ネ-

   ケ-キではなくて お斎の大根でいいの!!」

と言い聞かせてきた私としては、考え込んでしまった。

もっとも、このハガキは往復ハガキで、今年秋に

取り組んだ、組(そ)内の

    「心の元気塾」

のスタッフ反省会の案内と出欠を確認するもので

冒頭に メリ-クリスマス & 明けましておめでとう

と英語で印刷されていたものでしたがネ

改めて、 お寺の皆さんは クリスマス は

どうされているのでしょか?と思いました。

12月24日だけは、日本国中に

  にわかクリスチャン

が出現しますが、果たして25日にキリスト教会に

足を運ぶひとがどれくらい居るのでしょう?

せっかく俄でもクリスチャンを気取ったなら

それを御縁として、教会に座って牧師さんの

お話を聞いてみたらいかがでしょう???

クリスマスも目前ですね~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 行く年、来る年 | トップページ | クリスチャン政治家・今昔 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも反論するようなコメントになってすみませんが
習俗と宗教が曖昧になっていることは残念ですが事実ですね。戦後(明治以後かも知れませんが)はとくにそうなのかも知れません。
私にとっては神社の祭礼もそこにある縁日も、お祓いも
何一つ必要の無いものです。そこに集う人を批判するつもりも全く有りません。仏教徒(真宗門徒)として
仏教徒の名前を名告った時点で、習俗であるクリスマスケ-キも(たまにケ-キは食べたいけど)要らないものですね。
真宗門徒の子供として生まれた子供たちにも真宗門徒として生きて貰いたいという願いが有りますし、そうなってくれるように親として働きかけてもいます。でも結果は本人が選択することですので、まかせるしか有りません。どんな宗教も触れてみないとわかりませんよね、それには相手の言うことを聞いてみるしかありません。
そう言った意味で牧師さんの話を聞いてみることもいいのではないかと思います。
世界の三大宗教と言われるものは2000年以上存在し続けているのですから、どれも聞いてみる価値はあるとおもいます。でも私は生まれてから漢字で生活していますのでカタカナの名前が出てくる宗教には馴染めないでいます。たぶんこれからもそうでしょう。

投稿: 釈破旬 | 2008年12月22日 (月) 22時10分

クリスマスケーキを食べることやクリスマスプレゼントをすることは、信仰とは余り関係ないと思います。神道を信仰はしていないが、祭りの日には神社の境内に子供を連れて、テキ屋の店で「金魚すくい」などをします。また、盆踊りを神社の境内で行う地区もあります。これらは宗教と切り離して考え無ければなりません。つまり習俗なのか、信仰なのかを区別する必要があります。習俗の成立過程には往々にして宗教行事や宗教心がありますが、慣習・習俗として成立後はそのことが表面から払拭されている場合は、宗教と結びつけない方が宜しいかと思います。但し、祭りに参加してお祓いを受ける、教会のクリスマスミサに参加等は宗教活動に入るものと思われます。

投稿: junji | 2008年12月22日 (月) 12時46分

matineko さんこんにちは
確かに寺の子供さんたちは有る面かわいそう
だとも言えますが、ちゃっかりクリスマスケ-キを
食べているところの方がおおいかもしれません。
コメントで少し考えを書こうと思いましたが、本文に
書かせていただきますので、読んでいただけると
嬉しいです。たまに私のブログも覗いてくださいね。

投稿: 釈破旬 | 2008年12月21日 (日) 13時02分

はじめましてmatinekoです。
寺からのXmasカードの話
そういえば考えた事もありませんでした

私は無宗教者にもかかわらず
子供の手前
クリスマスには其れなりの飾りつけをし
ケーキを食べます。
大晦日には除夜の鐘を聞き
正月には初詣・お雑煮・御節料理等々

皆 子供のためにとりあえず
此の国の年中行事として教えてきました
それを取捨選択するのは
本人の自由
大人になったら自分で決めれば良いと想いますから。

それにつけても
お寺のお子さん達は
ある意味 不自由な想いをしているのですね

日本人の宗教的寛容さ(いいかげんさ)のお陰で
私の様な無宗教者でも呑気に暮らせる、、、
欧米だったら無宗教イコール共産主義者と言われて
しまいます。
だからと言うわけではありませんが
海外旅行なんてした事もありません

そういう意味以外では
此の国の政治の在り様は不気味です。
国民が本当に困っているのに 何の手も打たない
政府・与党とそれと大差ない民主党

やっぱり2大政党制では選択肢が無さ過ぎです。
国民の声を国会にきちんと反映させる選挙制度を
採用させるべきだと想います。

初めてのお目見えなのに 長々失礼致しました。

投稿: matineko | 2008年12月21日 (日) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行く年、来る年 | トップページ | クリスチャン政治家・今昔 »