« 寺からの X.masカ-ド | トップページ | ベツレヘムの星 と 国際天文年 »

クリスチャン政治家・今昔

2008/12/21

とにかく今の政治は(政治家)はひどいと言うか

程度が低すぎるように思います。これも世襲政治家が多いことと

おしなめて 小粒な人間が多いのが原因なのでしょうか?

以前、大平正芳という総理大臣がいました。答弁の時に

あ-う- いつも言っていたのを思い出します。なんか

ハッキリしない総理大臣だったと記憶しています。

彼は在職中に総選挙で大敗し、総理を辞めたようですが、

その大敗した理由が、自民党が大型間接税(今の消費税)

を導入しようとして、それが争点になり、国民から嫌われ

負けました。彼は敬虔なクリスチャンで、国民を騙して

選挙をすることができず、新税導入を打ち出して選挙を

したと言うことを、聞いたことが有ります。

同じく、消費税の税率アップを公約して選挙を戦おうと

していた、総理大臣がいます。そう、支持率が10%台まで

落ち込んだ、現総理大臣・麻生太郎くん です。

でも彼は、3年後と言っています、ハッキリ言って、3年後は

自民党は存在するかどうかも怪しいし、存在していたとしても

間違いなく、政権党であるはずがありません。要は出来もしない

公約であると言えますね。

ちなみに、麻生くんも クリスチャンであるそうな。大平元総理

を見習って、潔い政治をしてくださいよ、しかもスピ-ドを

重視してね!!

我が宗派・浄土真宗の門徒さんの政治家も沢山いますね。

女の戦いを制した、岐阜一区の 

野田聖子嬢(今は未婚ようなので)

も、テレビに写った時に、下がり藤の紋の入った略肩衣を

されていましたし。東京では西本願寺の門主さんが

定期的に政治家の皆さんと会ってみえるようです。

中には宗教心の欠片も感じられない人も見受けられます

(あくまで私個人の感じたことですが)シッカリ教化して

欲しいと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 寺からの X.masカ-ド | トップページ | ベツレヘムの星 と 国際天文年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かにキリスト教の人々に比べ、仏教系の人は宗教性を
出すのが苦手のようですね。
私が宗教心というのはどの宗教も教えている、人を殺してはいけない とか 嘘をついてはいけない というような単純なことでして、それさえ守れば今のようなおかしな政治はできないと思うのですよ。
南太平洋にたった二条の憲法しか持たない国が有ると
住井すえさんが言っていました。その二条とは
1.人を殺すな
2.嘘をつくな
だそうです。
言われるように島根県出身の某総理大臣は西本願寺の門徒であります。また 早稲田大学のラグビ-部のOBの石川県出身の某総理は大谷派の門徒であります。彼は
日本は神の国だと言って、批判されたり、自国の水産高校の練習船・えひめ丸が米国の潜水艦に沈没されても
平気でゴルフをしていたそうですが、彼らは親鸞聖人の教えをちゃんと聞いていない門徒なのかもしれませんよ。また前々の法務大臣の杉浦正憲氏は三河門徒でして在任中は死刑執行の印鑑を一度も押したことがありませんでした。もっとも弁護士として持論であった、選挙違反の連座制については、身内で違反者を出しながら辞任するどころか、罪を押しつけて知らん振りをしていましたし。お釈迦さんの教えを知らないのか、イラクやアフガンへの米国の攻撃も諸手を挙げて賛成したことでしょう。でも心の片隅に仏教徒・真宗門徒の意識が潜んでいたと思いたいですね。
名古屋の真宗大谷派の名古屋別院(通称・東別院)で
石に刻まれた「みてござる」という言葉を目にしたことがあります。神仏から常に見られて居ると意識して暮らしたいですね。

投稿: 釈破旬 | 2008年12月22日 (月) 21時49分

 政治と宗教を概観すると、日本ではその人の宗教観が余り反映されていないように感じます。
 家の宗教として仏教徒が多数と思われるが、日本的な風土性に起因しているのか、靖国神社に参拝する議員は多いようです。また靖国神社を国営化しようとする案まで噴出しています。靖国神社はれっきとした宗教施設であり、宮司は皇學館大学神道科の卒業生で、神式に則って祭事を行っています。さすがに公明党の議員は参拝していないようですが。かって島根県出身の首相は西本願寺の信徒代表を務めていたが、神式の行事には全て参加していたことが報道されていた。キリスト教の信者である宗教家も似たり寄ったりである。但し、法務大臣で死刑を執行しなかったキリスト教の信者の議員はいたが。仏教徒の議員としての政治姿勢を打ち出した人の存在を残念ながら聞いたことがない。宗教と政治は相容れないものなのかも知れない。特に戦前の日本の歩みを考えたとき、祭政不一致が好ましいのかも知れません。

投稿: jun | 2008年12月22日 (月) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寺からの X.masカ-ド | トップページ | ベツレヘムの星 と 国際天文年 »