« 第三の道(政治編) | トップページ | 13兆円 »

赤紙みたい・・裁判員

2008/12/2

毎日、ラジオを聴きながら仕事をしています。午前中は

CBCラジオ(中部日本放送)の つぼいノリオ と 

元ミス のアナウンサ- 小高直子 の二人の

絶妙エロト-クが定評の

   「きけば聞くほど」

と言う番組を流しています。時事問題のリスナ-の

投稿も盛りだくさんで、結構勉強になります。

つぼい氏は 昔「本願寺ブル-ス」という曲を

出して、本願寺からクレ-ムを付けられたとか言う

経歴をもつ、真宗に詳しい希有なパ-ソナリティです。

先日地元の赤羽別院(愛知県一色町)の講演にお願い

したところ、ギャラの提示が安すぎたようで、断られました。

先日来、裁判員のことが何度か話題になっていて

あるリスナ-の方が

「裁判員というのは 赤紙 見たいやな!!」

と言ってみえました。

確かに、国民の都合は関係なく勝手に選び

正当な(お国の判断で)理由なく断れば刑罰をかけると

脅しのようなことを言っています。

話はちがいますが、 田母神前空幕長の発言や

度重なる政治家などの 先の戦争に対する無反省な

発言が繰り返されるのをみていると、国民の反応を

見ているような気がしてなりません。国民の反発が

無くなれば、憲法改悪、徴兵制導入の機が熟した

と見ようという意図か??

今回の裁判員制度も、そのリスナ-の感じたことが

あながち間違いでは無いような気もしてきました。

裁判員を裁判に参加させたいのならば、被告から

恨まれて報復されかねない、刑事事件ではなく

政治や行政のあまりにもひどい行いに対して

やむにやまれず住民から裁判を起こされた

   行 政 裁 判

にこそ参加させるべきだと思います。

何せ被告側は私たちの払った税金で弁護士費用など

を支払い、国民から給料を貰いながら官僚が

被告席に着いたり、傍聴席を大量動員して占拠して

いるのですからね。訴えられた省庁の職員で司法試験

に合格している者を、裁判官や検事に任用して

その裁判を担当させているとも聞いたことがあります。

行政訴訟にこそ市民感覚を注入したいものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 第三の道(政治編) | トップページ | 13兆円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

少しでもお役に立てば、私も嬉しいです。
仏教は、どんな事も引き受けて、立ち上がる
力を与えてくれると、先輩方が言われています。
お互い 元気でやりましょう!!

投稿: 釈破旬 | 2008年12月 9日 (火) 23時17分

またお邪魔します
とりあえず 今年は仕事にあぶれずにすみました。

最新ブログに書いてあった
「いつ死んでもいい人は いつまで生きていても
いいんやでー」という言葉

すごく良い言葉ですね
何か解らないけど とっても元気になりました

有難うございます

投稿: 派遣の品格 | 2008年12月 9日 (火) 10時49分

アイデア一番さん 今晩は
国民の司法参加は 行政裁判が最もふさわしい
とは 良いアイデアです

ひょっとして お宅は法学部出身ではありませんか?他の学部ではここまで考えられないんじゃないかと思われます

何れにせよ 我が家にも裁判員に選ばれた者は居ません。今の所ですが・・・・

私も昔 死刑制度を知る機会があり、死刑を担当する刑務官の話を聞くことで ますますこの制度が
罪深いものである事を感じました

犯罪被害者のご家族の悲しみ・怒り・理不尽な出来事への苦しみを理解しない訳ではありません

それでも此の制度には 犯罪抑止性は無いように思います
「殺すなかれ」と言う命題は全ての宗教の出発点です。
同時に全ての人間の基本的倫理です

格差社会に飲み込まれ、自暴自棄になった
いわゆる負け組(いやな言葉です)による
無差別殺人事件が頻発していますが
未来に希望があれば こんなことにはならないのです
政権政党の罪は深いと思います。


投稿: 派遣の品格 | 2008年12月 5日 (金) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第三の道(政治編) | トップページ | 13兆円 »