« クリスチャン政治家・今昔 | トップページ | 再度 13兆円 »

ベツレヘムの星 と 国際天文年

2008/12/22

クリスマスが近いので、その関連のネタが多いと反省

しつつ・・・

ラジオで聞いたことの受け売りですが

我が家にも昔、子供にせがまれて購入した

クリスマスツリ-

が有りましたが、あの一番上に星がのっかっていますよね。

あの星は 

   ベツレヘムの星

と言うそうです。夜空にひときわ明るい星が輝き

その星に導かれて、三人の学者が マリア様の

出産場所に行き着き、イエスの誕生に立ち会った

という、星なのだそうです。

一節に依ると、その星は 金星 とのことです。

そう言えば少し前に夜空を見上げたら

冴えた冬空に、綺麗な月と 負けないくらいに明るい

金星がみえました。2000年余り前にも変わらず

輝いていたことでしょう。星の寿命からすると

2000年なんてほんの一瞬のことですね。

最近、星空を見てない人は、是非 ご覧あれ!!

私もこのことを知りませんでしたが、24日に愛をささやく

恋人たちよ、プレゼントや食事もいいけど

夜空を眺めて、2000年の時に思いをはせてみてはどう??

さて、国際天文年ですが。来年は国連が定めた

   国際天文年

であるそうな。

これは丁度400年前にガリレオが、自作の望遠鏡で

このベツレヘムの星と言われる、金星の満ち欠けから

地動説を確信したことに由来して決めたとか。

来年は星を見ましょう!!

晴れた夜一歩外へ出れば、誰でも

   無料 で 無量

の星が見られます。車の中でも OK

ベンツの車窓から見る星と 中古の軽四の車窓から

見る星に変わりはありません。

寺の報恩講が終わったら、掲示板のポスタ-が

報恩講案内から 金子みすず の詩に変えられて

いました。

----------------------

   星とたんぽぽ

青いお空のそこふかく

海の小石のそのように

夜がくるまでしずんでる

昼のお星はめにみえぬ

  見えぬけれどもあるんだよ

  見えぬものでもあるんだよ

----------------------

せめて見えるものだけでも

正しく見ていきたいものです!!

見ようとすれば 見えるから  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« クリスチャン政治家・今昔 | トップページ | 再度 13兆円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリスチャン政治家・今昔 | トップページ | 再度 13兆円 »