« 再度 13兆円 | トップページ | シンベン »

子育て失敗!!

2008/12/24

昨日。父親、長男、次女の三人で見るとはなしに

テレビのニュ-ス番組を見ていた。最近のトップ

ニュ-スは何処何処の会社が何人の首切りを

したという報道が常であるが、ご多分に漏れず

そんな報道の中で、派遣労働者や契約社員が切実な

思いをマイクに向けて話していたとき。

息子の口から

「そうゆう時代だからしょうがないジャン」

という言葉が飛び出した、私は一瞬凍り付いて

しまい、しばらくしてから

「しょうがないのか??」と一言云ってしまった。

その後は親子の間に冷たく深い溝ができたような

雰囲気になった。ことあるごとに相手の身になって

考えてみろ!!と言うことを口を酸っぱくして云って

きたし、身を持って形にも表して見せてきたが

どうも全く子供たちには伝わっていなかったようである。

何十年も前に寺で聞いた、マルチン・ニ-メラの言葉を

思い出した

-----------------------

「マルチン・ニーメラー牧師の告白」

なぜナチスを阻止できなかったのか

-マルチン・ニーメラー牧師の告白-

ナチスが共産主義者を攻撃したとき、

自分はすこし不安であったが、とにかく自分は

共産主義者でなかった。だからなにも行動に

でなかった。

次にナチスは社会主義者を攻撃した。

自分はさらに不安を感じたが、社会主義者で

なかったから何も行動にでなかった。

それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等を

どんどん攻撃し、自分はそのたびにいつも

不安をましたが、それでもなお行動にでることはなかった。

それからナチスは教会を攻撃した。自分は牧師であった。

だからたって行動にでたが、

そのときはすでにおそかった。

        ( 丸山真男 『現代政治の思想と行動』 未来社 )

--------------------------

この息子の職業は、毎日お年寄りの面倒を見ている

介護士である。

こんな子供(大人ですが)に育ててしまった親として

申し訳ない限りです。スミマセンでした

世の中でいろんな方面で成功した人々が沢山います

その方々に唯一共通しているのは

「諦めなかったこと」

だときいたことがあります。諦めずに子育て続けます

自分が育たないと無理かも知れませんが・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 再度 13兆円 | トップページ | シンベン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

釈宝樹様
コメントありがとうございます
昔々 将来何になりたい?と訊かれ
無邪気に「学校の先生!」と答えた事を
思い出しました。
私は 教師の世界は長いこと風通しの悪い所だと
感じていましたが、病んでいる人がこんなに多いとは・・・・
確かにうつになりそうな事が沢山在るんでしょう
敢えてその道を選ばなかった自分の弱さを今思い知らされました。

投稿: matineko | 2008年12月27日 (土) 17時16分

派遣の品格 さん こんにちは
亭主である私を接着剤としてweb上のお友達として
話(書き)あっていただき、有り難うございます。
デモもストも知らない世代ではありますが
まだ記憶に新しいオリンピック前のチベットなど
映像として見ているはずなのですが、他人事として
見ているのでしょう。自分が参加できるなどとは
思いもしないのでしょう。
安保闘争などを経験した(参加していなくてもリアルタイムで見ていた訳ですから)おじさん・おばさんが
老骨に鞭打って、立ち上がるときですね。
さあ左手を腰に当てて、右手を高く!!!

投稿: 釈破旬 | 2008年12月27日 (土) 09時17分

machineko さん こんにちは
我らだけでなく、日本中に子育て失敗の
申し訳ない親がいるかも知れませんね。
親の育て方だけでなく、日本の教育自体も
かなり問題がありそうです。今年は教師の
病気による休職が過去最多だと報道されています
そっれも、鬱などの精神的な原因がトップとか
たまに先生とはなすことがありますが。やはり
あの業界も病んでいます。
そんな子供を育てた責任者として、反撃にひるまず
正しいこと云い続けることを励みましょう。
聖徳太子の一七条憲法の二条に
「枉(まが)れるを直さむ。」とあります

投稿: 釈宝樹 | 2008年12月27日 (土) 09時01分

matinekoさん始めまして
現状を当たり前のように受け入れてしまう若者の話
わたしにも心当たりあります。
職場の若い人達もそうです
デモもストも知らない、抗議する手段を持たない
労働者(本人達は自分が労働者だと自覚していない)です。バラバラのまるで砂のような存在です。

最近TVなどでも報道されいるので、正社員でも非正規雇用者でも いまの働かせられ方がおかしいと気つ”きはじめています。
団結して会社に対応しなければ、現実は良くなりません。いまこそ大人の出番です。
ともに頑張りましょう。

投稿: 派遣の品格 | 2008年12月26日 (金) 09時10分

お早うございます。matinekoです。
「子育て失敗」を拝読いたしました
わたしも同じ失敗をしたようです
長男は派遣切のニュースを見て
「派遣法で決まっているから・・・しょうがない」
と一言。
わたしは一瞬唖然としました
これが我が息子かと想うと猛然と腹が立ちました。

息子へのクリスマスプレゼントには、読みやすい
雨宮処凛の本を送りたかったのですが、なぜか
自宅へ帰って来ませんでしたので、お正月にでも
渡そうかと想いました。

本人だってかなりきつい労働をしているのに
解っていないんです。そんなもんだと思っている。
デモやストなんて知らない世代です
大人が教えてやらなければ解らないんでしょう
会社に対抗できない「連合」なんて
クソくらえ!
解っている両親が、悪法は変えなければならないし
市民の力で変える事ができるんだと!!教えましょう

投稿: matineko | 2008年12月25日 (木) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再度 13兆円 | トップページ | シンベン »