« 嫁姑の口げんか | トップページ | 磯端で舟を割る »

鮭の日 と カエルトンネル

2008/11/11

今日は一という数字が4つ並んだ日で、ラジオでもいろんな

人が、このことを取り上げて居ました。記念日で言うと

鮭 の記念日なのだそうです。

理由は さかなへんの右のつくり を分解すると

十 一 十 一 となるからなのだそうです。

偶然、秋鮭の美味しい季節でもあります。

映像で北海道の川の河口で海から産卵のために

故郷の川に上ろうとする鮭を一網打尽に捕まえて

雌のお腹から卵を取り出し、雄の精子を振りかけ

受精・ふ化させる場面をよく見かけます。後は

新巻鮭や塩鮭、鮭フレ-クにされて我が家の食卓にも

届けられています。

しかし、本来川を上るはずの鮭を河口でほとんど捕獲

してしまうと、効率や漁業資源の育成には有効かも

知れませんが、鮭が大好きなのは人間だけでは

ありません。熊が川に入り、片手で鮭を水中から

すくい上げ川岸に放り上げて食べる場面もテレビで

見たことが有りますが。その川には鮭は遡上して

行かないということになっているのではないでしょうか?

野生生物の食料まで奪っておいて、食べ物がなく

仕方なく人家に入り、餌を物色している彼らを

射殺したり、罠で捕獲しているのでは、ないか??

話は違いますが、ドイツの高速道路アウトバ-ンは

ナチスドイツ・ヒトラ-の遺産でもありますが、あの道路の

至る所に道を横断する小さなトンネルが造られている

そうです。とても人間が通れるような大きさではありません。

      ナント

アウトバ-ンを作ったため、横断移動ができなくなった

蛙 の通路として、作られているのだそうです。

日本の高速道路にそんな物があるのでしょうか?

ニュ-スで高速道路に鹿が迷い込んで、通行止めに

なって困っているところを報道していますが、たぶん

鹿も シカたなく 車道を横断せざるを得ない、日本の

高速道路事情なのでしょう。

日本人も自然や他の生物に対する優しさを取り戻さないと

いけません。自然や他の生物が何も言わず人間の

身勝手を許してくれているうちに・・・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 嫁姑の口げんか | トップページ | 磯端で舟を割る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嫁姑の口げんか | トップページ | 磯端で舟を割る »