« 俗名いろいろ | トップページ | 成立するか?裁判員制度 »

モモ

2008/11/30

「あなたは死なの?」

「もし人間が死とは何かを知っていたら、こわいとは

思わなくなるだろうにね。そして死を恐れないようになれば

生きる時間を人間からぬすむようなことは、だれにも

できなくなるはずだ。」

「そう人間に教えてあげればいいのに」

「そうかね?私は時間をくばるたびにそういっているのだがね。

でも人間はいっこうに耳をかたむける気にならないらしい、

死をこわがらせるような話のほうを信じたがるようだね。

これもわからないなぞのひとつだ。」

-------------------------

これは少女モモと人間に時間を配っている マイスタ-ホラ

とのなかなか深いやりとりの一節です。

やっと以前から読もう読もうと思っていた 

ミヒャエル・エンデ

      「モモ」

を読み終えた、何を今頃と言われそうですが、或る寺の

報恩講で講師の先生から「モモみたい」という

言葉をきいて、いま読まなければという気になり

図書館で借りてきて、読むことにしました。

パソコンで検索をしたところ、児童書架にあるとのことなので

大きな文字の薄っぺらい本だとイメ-ジしていたのですが、

B5版の小さい文字で印刷された ナント 360ペ-ジ

もある、大作でありました。

サブ・タイトルに

時間どろぼうと ぬすまれた時間を人間に

とりかえしてくれた女の子の不思議な物語

とあります。

スリル と サスペンス

に満ちた物語をまだお読みでない方は

是非 どうぞ!!

Photo

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 俗名いろいろ | トップページ | 成立するか?裁判員制度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俗名いろいろ | トップページ | 成立するか?裁判員制度 »