« 政友 と 法友 | トップページ | 鮭の日 と カエルトンネル »

嫁姑の口げんか

2008/11/7

先日、連れ合いが義母と口げんかをしたと

報告してくれた。親と同居すれば必ずといっていいほど

嫁姑の問題は起きる、その間に挟まれ 息子であり

連れ合いである 長男はどちらに味方していいやら??

       と

これは通常の嫁姑の場合であるが、我が家の姑は

息子夫婦が結婚する前から くも膜下出血 の後遺症

で、半身不随&失語症なので、まともな口げんかは

できません。報告のあった口喧嘩というのは

母親が自分の思いを嫁にわかって貰えず、チョット

ヒステリックに大声を出し、嫁も相手の思っているで

あろうと言うことを並べ立てて提起しても、ヒットしないので

イライラして、つい大きな声が出てしまったと言う

事件でした。姑は大声を出して気分がスッキリしたのか

直ぐに喧嘩したことさえもわすれてしまっていました。

目の見えない少年が 東井義雄さんに

「不自由と 不幸は違う」と言ったそうですが

我が家も、半身不随&失語症の不自由は確かに

本人は大変でしょうが、嫁姑の喧嘩が成立しないことや

徘徊などをされてよその人に迷惑をかけたり、捜索など

の必要もありません。これから予想される呆け(不認知)

の症状からくる暴力や狂言なんてことも心配なく

面倒を見る息子としては 不幸どころか 幸せな

ことでありました。 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 政友 と 法友 | トップページ | 鮭の日 と カエルトンネル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政友 と 法友 | トップページ | 鮭の日 と カエルトンネル »