« 財貧 なれど 法貧 ならず | トップページ | 政友 と 法友 »

天才バカボン の み名

2008/11/4

本日、私のもっとも好きな講師の話を聞いてきました。

と言っても講師は私と同い年ですが。

講題は 「何故真宗門徒は念仏をするのか」というような

ものだったと思いますが、正式なことは不明(ちゃんと聞いて

いなかったのです)

その中で 天才バカボン のみ名のいわれを話されました。

私は今まで バカボン は 馬鹿なボンボン の省略だと

単純に考えていました。

作者の 赤塚不二夫 さんの名前も 不二・・二つとない

比べる必要のないことが由来だそうである。

このマンガを今まで真面目に読んだ(見た)ことが無かった

ことを再認識しました。

バカボンの父親は生まれるときに

   天上天下唯我独尊

と言って生まれたそうです。口癖の

それでいいのだ(これでいいのだ)も聞いてみれば

唯我独尊を ひらがな にしたものです。

さて、バカボンの由来ですが。またまた親鸞和讃です

浄土和讃34に

十方無量の菩薩衆

徳本うへんためにとて

恭行をいたし歌嘆す

みなびと婆伽婆を帰命せよ

の婆伽婆(尊者・自由人の意)からとられて

いるそうであります。

その赤塚不二夫さんは今年亡くなられ

        法名を

   不二院釈漫雄

と名告られたそうです。真宗門徒でありました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 財貧 なれど 法貧 ならず | トップページ | 政友 と 法友 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 財貧 なれど 法貧 ならず | トップページ | 政友 と 法友 »