« 内灘海岸でゴミ拾い(チョッとだけヨ) | トップページ | 財貧 なれど 法貧 ならず »

3つ目の報恩講

2008/11/3

今日は文化の日でした。

ずいぶん書き込みをサボっていましたが。気持ちの

余裕がなく、書けずにいました。

今年はいろんな寺の報恩講に縁が無いものと諦めて

いましたが。本日、世界不況のお陰なのか、仕事も暇で

母親をデイサ-ビスに送り出してから、岡崎の本宗寺の

報恩講にお参りさせていただきました。この寺は蓮如上人の

お孫さんが開基の寺とききました。山号も変わっていて

都路殿 本宗寺

と言うお寺です。住職家族全員(住職・坊守・若院・長女・次女)が

素敵にお話をされます。Photo

Photo_2

和讃に素敵なメロディ-をつけ続けていらっしゃる

作曲家の 平田聖子 さんが門徒でみえ、法要を

音楽を使った独自の法要形式で今日は勤められました。

演奏は聖子さんのお母さんが弾かれていました。

法話は 高田慈昭師で、門徒さん4名が

門徒仏法を語る という恒例の 感話を 本尊に向かい

各自の受け取りを話されます。

先日、一色の赤羽別院で 二階堂行邦師が

「仏法盛んな寺は 報恩講で門徒が感話をする」と

言ってみえましたが、目の当たりにさせて貰いました。

唱うように勤められる、西本願寺のお勤めを久しぶりに

唱えさせていただきました。

境内にはスゴイ松の木が

<Photo_4

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 内灘海岸でゴミ拾い(チョッとだけヨ) | トップページ | 財貧 なれど 法貧 ならず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内灘海岸でゴミ拾い(チョッとだけヨ) | トップページ | 財貧 なれど 法貧 ならず »