« 寛恕(かんじょ) | トップページ | ピクニック  »

起工式

2008/10/2

本日 起工式が挙行されました。おめでとう!!

いったい何の起工式かというと、昨年7月に発生した

中越沖地震(名称は違うかも?)で被災された方の

入居するために作られる、公営住宅180戸ほどの

工事が今日やっと開始されたということです。

個人の家が天災の地震や台風で壊れても、修復や

建て替えは個人の責任で行わなければならないことは

理解できます。でもそれぞれ事情があるでしょう。

高齢者で年金生活をされている方の家が壊れた場合

家を新築する当てはありません。銀行も金を貸しません

そんな方のために公営住宅は是非必要なものです。

私も暫く県営住宅にお世話になったことがあります。

公営住宅の住人はその多くが高齢者です。

すぐ隣に住人のいる公営住宅は高齢者には快適な

住環境なのです。

今日から工事の始まった、地震被災者向けの住宅

来年の8月に完成するんだそうです、2年間以上

仮設住宅住まいをさせるほど、この国は貧しいのであろうか?

米国の潰れそうな金融機関の救済や、超豪華な米軍住宅

の建設はドンドン進めているのに・・・・・・・・・・・・

                 いつもの政治愚痴でした

|

« 寛恕(かんじょ) | トップページ | ピクニック  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寛恕(かんじょ) | トップページ | ピクニック  »