« 犬のDNA と スカラベ | トップページ | 主語を限定しない »

回心 と ド-パミン

2008/9/24

秋のお彼岸がもうすぐ終わりますね。

ことしのお彼岸も あちこちの寺の法座の案内を

いただきましたが、どこにも御縁が無かったみたいです。

今日 お昼の番組で 脳学者の

茂木 健一郎

さんと映画監督の 山本晋也さんが対談していました。

脳についていろいろ面白い話をされていましたが、

まるっと 科学 の話なのに いつもお寺で聞いている

真宗のお話を聞いているような感じを受けました。

宗教は 究極の 科学なのかもしれません。

その中に 難問を解決したときの脳は

こめかみの辺から ド-パミン という物質を

沢山だし、達成感を感じさせてくれるとか。

先日、心の元気塾 の座談の中で 自我が壊れる

という話題になりました。真宗的には 回心 した

ときなのでしょうか? 隣の女性はそんな経験が

無いといわれます。一生に一度だけのことと言われ

ますので、これからもいつ訪れるか心待ち状態か?

いつか な-んだ そうだったのか 

と難問があっけなく解けるかも知れません。

そのときは 大量 

    ド-パミン 

脳内に作られていることでしょう。

茂木さんの本はベストセラ-になっているそうです

一度読んでみしょう!!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 犬のDNA と スカラベ | トップページ | 主語を限定しない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬のDNA と スカラベ | トップページ | 主語を限定しない »