« 必勝のお文 | トップページ | おうかん »

おつべたて

2008/9/29

四国の徳島の或る地方では 報恩講のことを

     おつべたて

と呼んでいるそうです、私のすむ三河の碧南では

お年寄りが    おこうさん

と呼んでいるのを聞いたことがあります。

丁寧に  をつけ、さらに さん までつけて

大切にしてきたようですね、でも

最近はあまりそう言う人がいなくなりました。

息子が 介護士としてお年寄りの世話をしている

施設では、年末にクリスマス会をしていて、介護士の

息子は毎年12月になると、家に帰ってから飾り物を

作っていますので、一度「今のお年寄りには

クリスマスより、報恩講の方が喜ぶかも知れないよ!!」

とアドバイスをしたことがあります。それを素直に受け取り

施設の責任者に提案したところ。

「ほうおんこうって 何?」と言われてしまったそうです。

残念ながら 知名度が低いですね!!

ところで、おつべたて ですが

この呼び方は、報恩講にお参りされた方が お文を

拝聴するときに頭を畳にすりつけるほど下げたとき

必然的に お尻 の方は上がります。その姿を後ろから

みたときに、お尻が立ったように見えることから

おつべ(お尻)立て と言うようになり、報恩講のことを

おつべたて と呼ぶようになったとか。ところが変わると

いろんな呼び方があるものですね。

お彼岸がすむと、次は 報恩講のシ-ズンが到来

します。今年はどんな報恩講にお参りさせてもらえる

ことでしょう??

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 必勝のお文 | トップページ | おうかん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「オコーサン」。何十年ぶりに聞いた言葉です。私の生地では、毎月「オコーサン」がありました。成人近くになって「お講」を親しみを込めて呼んでいることが解りました。地区を12に分けて、毎月お寺に集まり、法会と「お斎」がありました。この知多半島の真宗寺院でも勤めているのでしょうか。
 久しぶりに訪問でお許し下さい。以下に寄り道していました。http://blogs.yahoo.co.jp/ecomacky/43940374.html#44832196のぺーじを偶然見つけ(サイトの地名の記事に興味があり、投稿している間に、ここにアクセスしている人々は全て、協会に属さないクリスチャンであることに気づきました。)。「キリストを尊敬しているので、キリストと同じ人生を歩みたいと決意した」等、信じられない投稿があります。一度覗いてみては如何でしょうか。私の投稿は気分に任せたものですので割り引いて呼んでください。

投稿: jun | 2008年10月 3日 (金) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 必勝のお文 | トップページ | おうかん »