« 非公開通夜 + 公開通夜 | トップページ | 貧困 と 貧乏 »

第二回輪読会・優曇華

2008/8/26

本日2回目の書き込みです。

週末土日と富山県の方に旅行するので、書き溜め

第二回輪読会 と大げさに言うほどのことでは

ありません。要は お夕事のあとに、隣の座敷の机の周り

に座り、ホンの一ペ-ジほど、読み合わせをするだけです。

お経の中にはいろんなものが登場します。

今日読んだ中に 

  優曇華(うどんげ)

というものが出てきます。三帰依にもあるように

人間の身を 受ける(人間として生まれる)ことは

希なことなのです。

優曇華の華が初めて咲くのを見るように極めて

珍しいことだそうです。

なにしろ、この花は 三千年に一度しか咲かない

そうなのです。一体どんな華なのでしょう??

今日は、次男も一緒に 4人での学びでした。

----------------------

本山の研修部から問い合わせの返事がきました。

「宗祖・親鸞聖人」のサブテキスト

『法語から読む宗祖親鸞聖人」は お寺さん用に

作られたものなので、門徒には入手不能とか

要は お寺さんに シッカリ 勉強していただき

その方に 教化していただくのだそうです。

手に入らないとなると、よけいに知りたくなりますね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 非公開通夜 + 公開通夜 | トップページ | 貧困 と 貧乏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非公開通夜 + 公開通夜 | トップページ | 貧困 と 貧乏 »