« 教誨 | トップページ | 暁天講座案内 vol.2 »

夫婦喧嘩

2008/8/14

本日も地元の盆踊り大会の交通整理でした

交通安全協会の交通指導員(みどりのオジサン)を

26年間もさせていただいています、地元や市主催の

イベントとなると、必ず駆り出され、他人が楽しんでいる

ときはボランティアです。最悪なのが花火大会です。

見物人はお酒を飲みながら見ていますが、こちらは

暑い中を交通指導です、花火が終わると最悪です

会場近くに駐車した人は渋滞に巻き込まれイライラで

交通整理をしている私たちに文句タラタラです。

酔っぱらいに絡まれていいことなし!!!

------------------------

今日の盆踊りはそんなことありません。みなさん「ごくろうさま」

と挨拶してくれます、そのなかにブル-のハイビスカス柄の

ム-ム-を着た中年の女性が居ました、何とも涼しげなので

ブログの背景を水色に変更しました。

------------------------

このブログで我が夫婦の関係の危機をたびたび書いてきました

が、連れ合いはこのブログを読んだことが無いので、何を書かれて

居るのかは、知らないで居るのです。(知らぬが仏です)

先日 林 暁宇 さんと言う方の本を読んでいたら、こんなことが

書いてありました。

私はこれまでいろんな形で仏教をやっている人を見せて

いただいておりますが、おそらく皆さんもすでに経験して

おられるか、或いはお若い方はこれから経験すると

思いますが、仏法のことを真剣にやろうとしますと

必ず夫婦げんかになるんですよ。奥さんが一生懸命に

なればご主人の機嫌が悪くなる、ご主人が一生懸命

やったら奥さんが反対する。必ずそうなる。もしそう

ならんような仏法なら、それは生ぬるいんですよ。

その林さんの 先生である 暁烏 敏 さんは

お弟子さんの結婚式に

「あのな、世界中にたくさんある男と女の中から

せっかく縁あって一緒になるんだからな-」・・・

「せっかく一緒になるんだからな、喧嘩しいしい

如来さんのお仕事の手伝いさせてもらえよ」

と言われたそうな

とても私は真剣に仏法のことをしているとは

言えませんが、たまには夫婦喧嘩の原因に

仏法がなっていることもあります。喧嘩自体は

褒められたことではありませんが、喧嘩を

しないと相手の本音がわからないことも有ります。

喧嘩をしたあとお互いにどう思うかが大切なのでは

このお二人の言葉を聞くと、喧嘩も悪くないと

ひとり納得してしまっています。

相手は 全く そんなことを思っていないでしょうがネ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 教誨 | トップページ | 暁天講座案内 vol.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教誨 | トップページ | 暁天講座案内 vol.2 »