« 正信偈には事実が書いてない? | トップページ | 教誨 »

了解を得て平手打ちしたい

2008/8/11

ねずみくんのために、記事のUPが狂ってしまいました。

蓮成寺暁天講座 2日めの感想です。

ご案内の通り、講師は9年前に隣町の西尾市で

起きた、「女子高生スト-カ-殺人事件」の被害者の

娘さんのお父さんです。

残念ながら、朝寝坊して最初からお聞きすることが

できませんでした。録音もしようと考えていたのですが

それも失敗!!

刑事裁判で被告の少年は 5年以上10年以下の不定期刑

が確定し、服役中です。現在丸9年ですので、限度の10年

の刑をおえて来年出所するのではないでしょうか?

それにしても、被害者家族には犯人が今どこで、どんな状態

でいるのか、情報は提供されないようです。

上記の判決が検察の求刑だったので、検察が上告できず。

被告側も不服として上告しなかったので、確定したようです。

お父さんは納得いかず、知り合いの方の助言を受けて

民事訴訟を起こしたそうです、その裁判でも当然勝利し

損害賠償8900万円の支払い判決を勝ち取ったそうです。

民事の場合お金を要求する裁判に成らざるをえないみたいです。

しかし、損害賠償支払いも強制力はなく、犯人の親から3万円が

3回ほど支払われただけで、その後は無しのつぶて状態。

民事裁判の証拠資料として提出した、刑事裁判の資料の

コピ-代金10万円にも満たないそうです、弁護士費用などすべて

持ち出しなのでしょう。

お父さんのお話の中で、特に印象的だったのは、犯人が来年出所

してきて、謝罪に来たらどうしたいのかと言うことです。こういわれました

「本人の了解をえて、平手打ちをしたい」

たぶん私ならば、「殺してやりたい!!」と言ったと思います。

先日、長い間病床にみえた奥様を亡くされた、松本サリン事件の被害者

河野さんの言葉「犯人を恨む気持ちは無い」とともに、頭の中では

理解できるのですが、仮に当事者になった場合、とても私の口からは

出ない言葉であります。お釈迦様の教えが、お二人には生きていますね。

ちなみに その女子高生の娘さんのご命日は 8月9日

     長崎・原爆忌

と同じでありました。南無阿弥陀仏

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 正信偈には事実が書いてない? | トップページ | 教誨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正信偈には事実が書いてない? | トップページ | 教誨 »