« 学習能力 人間vsねすみ | トップページ | 暁天講座案内 vol.1 »

ミツバチ と 危うい命

2008/7/18

最近工場で仕事をしていると、やたらミツバチが飛んでくる

と言っても たったの 一匹 ですが。

彼女(働きバチは総て女性らしいので)をみていて先日

加入しているメ-リングリストで流された情報

「ミツバチの大量死・・・」

を思い出した。たまにマスコミで大量のミツバチが

一夜にして巣箱から消えて、行方が解らない という

ニュ-スが流れることもありますね。米国のある養蜂家は

    5000万匹

のミツバチを失ったと聞きます。

原因(理由)は諸説有りまして。遺伝子組み換え植物の持つ

殺虫作用に依るとか、今やほとんどの人の持っている

携帯電話から発せられる900~1000MHzの電磁波に依る

とか(事実携帯電話を巣箱の近くに置くと帰巣しないらしい)

また、未知のウィルスが原因である。などなど 要は よく

解っていないことが解っているということらしい!!!

「もし何らかの理由でミツバチが絶滅したら、人類はわずか

4年しか生きられないだろう」・・アインシュタイン

「ミツバチは大自然の働き者だ。われわれは、ミツバチが

植物の授粉を助けるのが当たり前のことだと思ってきた。

それは、糸のように細くてあてにならないものに、人類の未来を

預けているようなものだ」・・ 昆虫学者ウィルソン教授

確かに、私たち人間はいろんなもののお陰で食べ物や水・空気

など生きるために必要不可欠なものを得ている。

当たり前にしない、生き方をしないといけないと

つくづく思います!! 思います??

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 学習能力 人間vsねすみ | トップページ | 暁天講座案内 vol.1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学習能力 人間vsねすみ | トップページ | 暁天講座案内 vol.1 »