« 祝詞 vs お念仏 | トップページ | 聞法再開(仕事中) »

28日

2008/7/28

今日は28日 親鸞聖人の月命日であります。

毎月、碧南の安専寺では「おはちんち」といって

お朝事を、みんなでお勤めして、法話を聞いて、お斎を頂きます

なかなか、お参りができませんが、連れ合いはお斎の製作担当

なので、ほぼ毎月お参りしています。

ところが、今月はお休みで、代わりに

子供たちの夏休みが始まった日から

ラジオ体操、お勤めの練習、お楽しみ会が連続して

行われ、本日が最終日、お斎が出されます。

子供向けに、パンとジュ-ス、皆勤した子供にはご褒美が

貰えます(花火など)

そのお給仕をしにお寺に行きました。

私の子供が小学生のころは本堂前の広場は沢山の

子供たちの姿が見えましたが、今は写真をみると

まばら状態で 寂しい限りです。少子化と住居の郊外化が

原因と思われますが、これはこれとして、他に新たに

子供たちにお寺に足を運んでもらえる手だてを考える時期に

あるのかも知れません。なにより、子供を送り出す大人の

意識を変えることが必要なのでしょう。

-------------------------

『安楽集』に云わく、真言を採り集めて、往益を助修せしむ。何となれば、

前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、

連続無窮にして、願わくは休止せざらしめんと欲す。無辺の生死海を

尽くさんがためのゆえなり、と。已上

------------------------------

よく法話を聞いていると、講師の方が引かれる 「教行信証・後序」ですが

大人が意識的に導かないと、後の子供たちは訪う(とぶらう)ことはできません

しかし、中途半端に理解している私のような者が、導こうとすると 反発を

喰らったり、軋轢が生じたりして、思うようにいきません。悩むところです!!

          

少し離れて眺めて見ると、 反発している者たちも、自力で動いていることが

わかります。私以外の見えない大きな力に揺り動かされるように・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 祝詞 vs お念仏 | トップページ | 聞法再開(仕事中) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝詞 vs お念仏 | トップページ | 聞法再開(仕事中) »