« 3000台/日 | トップページ | 現世利益を受ける »

一番幸せなとき?

2008/6/15

今朝のニュ-ス番組を見ていて、秋葉原の事件について

コメンテ-タ-の女性は

「いまが、犯人の加藤くんの、ここ数年で一番幸せなとき

なのではないか」というようなことをいっていた。つまり

2ヶ月でメ-ル掲示板に5000回もの書き込みをしていても

所詮相手は機械と顔の見えない携帯を操作する人間

直接、目の前の生身の人間が自分一人の言うことを

真剣に聞いてくれている(形は尋問なれど)今ほど

幸せなときは無いのでは? と言うのである。

山奥や孤島で周りに人が居ないところでの孤独と

雑踏の中や、周りに人が一杯いるのに、だれひとり

自分の言うことを、聞いてくれるひとのいない孤独とでは

寂しさが違うのでしょう。

町行く人が、コメントを求められても、想像できない事件と

どの人も他人事のような、受け取り、これだけ想像のできない

事件が多発すれば、やはり他人事では無いことを鈍感な

私でも知らされてきます。

「縁がもよおせば、如何なる振る舞いをもする 我が身」

と受け止めて、自分なりに何かできることをしなければ・・・・

欧米では 追いつめられたひとの 話を聞いてくれる仕組みが

できているとテレビが伝えます。日本には無いの????

お寺や門徒がその仕事の一端を担えないのかな???

      まず

最小単位の社会・家庭をしっかり再構築しなければ・・・・・

この再構築を英語で表すと

    RESTRUCTURING

日本では今や 企業の首切りという意味にしか使われていない

ようですが。リストラには 首切りという意味は全く有りません。

       悪しからず

番組の最後に、新聞記者のコメンテ-タ-が

「現場で、救助している市民の傍らで、ひたすら携帯電話を

操作し、写真(動画も)をとり、記事を書き、携帯電話サイト

にメディア感覚で情報発信をしている人が、かなり居た」

と話していました。彼らも犯罪は犯していないけど

加藤くんと同じ感覚なのかも知れません。携帯電話を

持たない時代遅れのオジサンの感覚に 痛く同感

|

« 3000台/日 | トップページ | 現世利益を受ける »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3000台/日 | トップページ | 現世利益を受ける »