« 「ない」ところに「ある」 | トップページ | 鹹味 »

お地蔵さんは何故坊主頭なの?

2008/6/8

20年も前に、三河別院で聞いた法話に

お地蔵さんはなぜ坊主頭なのか?という

   ひろ・さちや

さんの話を覚えている。お寺に関わり始めたころで

なるほどナ-と感心して聞かしていただきました。

          こうです

-----------------------

地蔵菩薩は既に修行を十分積まれて、仏となる資格が

十分あるかたですが、56億7000万年後に弥勒菩薩が

仏になるまでの間、この娑婆世界にいて、衆生を救う

はたらきをしていらっしゃいます。世の中には常に

お地蔵さんに助けを求める人が絶えず、助けを求め

られたときに、髪の毛に寝癖が付いていたり、セットが

まとまらなかったりして、手直しに時間がかかり、

間に会わないといけないので、坊主頭にして、すぐに

駆けつけられるようにしていらっしゃるのだ。と

-----------------------

そうなると、私たちにご縁のあり、先立たれた人々が

環相廻向の菩薩になられた場合、仮に星になってみえると

すると、何十光年の先で見守ってくれていても、光速で

助けに来てくれても、何十年もかかるわけですから、

星では間に合いませんね、やはり傍らに離れずに

いてくれなくっちゃ。

別の話ですが、私のこどものころ、広い道路(国道。県道)

のことを おうかん と呼んでいました。

最近まで、大きな幹線道路の略だと思いこんでいましたが

本当は  往環 のことだと聞きました。

往相環相の二相の廻向が語源であるそうです。

シラナカッタ!!

|

« 「ない」ところに「ある」 | トップページ | 鹹味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ない」ところに「ある」 | トップページ | 鹹味 »