« お母さん座り | トップページ | 「ない」ところに「ある」 »

字しりがほ に バチ当たる!

2008/6/5

先日お邪魔したお寺でお話をしている中で

「了解」(ここでは りょうげ と読んでください)という

ことばを思わず使ったら、その寺の老僧より

「よく ご聴聞されてみえますね」とほめられてしまった。

いつもの シッタカブッタの知ったかぶりであります。

場数を踏んで来たせいか、仏教用語がたまに口から

でるようになってきました。

ところが この字しりがほ に思わぬ弊害があることに

先日気がつきました。いろんなところにお話を聞きに

行き、気に入った講師の先生の法座には、知らない

お寺にまで、いわゆる 追っかけ をすると。

講師の先生も反対に私のことを覚えてしまわれて、

法話の中で名指しで質問を受けるようになってしまい

ました、当然 唯の 字しりがほ ですので、まともな

回答ができるわけもありません、唯の 恥かきに転落!

おまけに、宿題まで出される羽目になってしまいました。

   バチ が 当たった

ようです。お陰で滅多にご開帳されることがない

    真宗聖典

が日の光を浴びることができて、喜んで居るようです。

|

« お母さん座り | トップページ | 「ない」ところに「ある」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お母さん座り | トップページ | 「ない」ところに「ある」 »