« アナタいつまで聞けばわかるの? | トップページ | あの時 死んでおけばよかったのに »

解・・・げ

2008/6/12

以前書いたブログ(6/5字しりがほ に バチ当たる)で

 の字を  と読んでくださいと書きましたが。

これは 呉音読み なのでしょうか?

自然 を じねん と読ましたり、仏壇の中の建物を

宮殿 と書いて くうでん と読みますね。数えあげたら

きりが有りませんが。 この 解 医療の方でも げ と

読ませることがあります。 解熱 ですが、これは熱を

下げる意味で使われていますが、それなら 下熱

の方がいいように思えますね、そこで 看護学校現役生

の 長女 普照(法名ですが)さんに そのわけを聞いてみました。

答えは わかりません でしたが、「学校の先生に尋ねてみるワ」

と言ってくれて、先程、メ-ルでそのわけを教えてくれました。

-------------------------

解熱とは、解熱剤を使用すると熱は下がります。だけど、

熱が出ている原因を除去して熱を下げているのではなく、

熱を解き放ち下げていることから、解熱。と言います。

先生からの文章を転送しました(^-^)
ぁたしも初めて知って、ビックリでした!!

-------------------------

何となく 

   不断煩悩 得涅槃

と言った感じですね。

もっとも 医療的には解熱剤投与は

応急処置で、熱の原因除去をその後施さなければ

なりません。

漢字 つながりで、いま 施すと書いて思い出しました。

聖徳太子は 世界でもっとも早くく、福祉を実践された

方ですが、その実践のために

四箇の院(しかのいん)

を創られました。この四箇の院のことを

「看護学校で習ったよ!」と四天王寺に

連れ合いと三人で参詣したときに、教えて

くれたのも、この長女でありました。

四天王寺の周りには この 四つの施設が

今の形で生き続けています。

敬田院 は 四天王寺高校や四天王寺大学に

施療院と施薬院は 四天王寺病院に

悲田院はその精神を理念とする 老人福祉施設に

1300年も連綿と続いていることが すごい!!

|

« アナタいつまで聞けばわかるの? | トップページ | あの時 死んでおけばよかったのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アナタいつまで聞けばわかるの? | トップページ | あの時 死んでおけばよかったのに »