« あの時 死んでおけばよかったのに | トップページ | 一番幸せなとき? »

3000台/日

2008/6/14

昨日、隣町(西尾市or吉良町)の取引先に納品に行った。

交通量の多い国道を10分ほど走った時に、オレンジ色

の旗をなびかせて、10トンダンプの連なって走るところを

見かけました、10台ほどのダンプとすれ違いましたが

土砂を満載して走る姿には威圧されます。幸いその道路は

余り人家の無いところを走るので、恐怖を感じている人は

少ないかも知れません。一日のべ何台くらい走るのだろう?

ダンプと言えば、わが町に鎮座まします、日本最大の

石炭火力発電所、燃料の石炭は主にオ-ストラリアから

石炭専用船で運ばれてきます、仮に6万トンの貨物船

で運んできても、その石炭は わずか 2日で無くなります。  

つまり、

      毎日 3 万トン

の石炭がもやされているのです。チョット想像ができない

くらいの量です。何かに置き換えて考えて見ましょう。

我が家では冬になると、一番安価な暖房として

布団の中に 豆炭あんか を各人が入れて寝ています。

あの一晩中 カポポカ と安眠をもたらしてくれる 豆炭

一個 50グラム さて 3万トンで何個できるか?

なんと 6億個  7万人の碧南市民が分担して

使うと 毎日 一人 8571個 ずつ割り当てが有ります。

5人家族の我が家では 42857個/日 ・・・・・・・・・・・・・

さてタイトルの 3000台/日 ですが、爆音轟かせて

走るダンプカ-で運ぶとなると、毎日3000台が

市内を爆走することになる、休み無くである。

  和訳正信偈に

龍樹大士はおしえます

陸路(くがじ)のあゆみ 難けれど

船路のたびの 易きかな

と有ります、引用するのはおかしいですが

ホントに海上輸送で ヨカッタ よかった!!!

あの二本の巨大煙突から いったい どれだけの

     Co2

が排出されているのでしょう????

|

« あの時 死んでおけばよかったのに | トップページ | 一番幸せなとき? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの時 死んでおけばよかったのに | トップページ | 一番幸せなとき? »