« 千の風にならないで!!vol.3 | トップページ | 瓦のお嫁入り »

昔3000万 今6000万

2008/6/23

本日は日本の食料事情について・・・難しそ--!

江戸時代の食料自給率は鎖国をしていましたから

当然 100% で有りました。そしてその生産食料で

生存できる人口は 3000万人だったそうです。

だから、生まれた子供を間引いたり、姨捨などが

行われ、3000万人をキ-プしてきたそうです。

今の日本の人口はその4倍の一億二千万人と言った

ところでしょうか。つまり、日本で作る食料では

9000万人の人は食べられないと、思い続けていました

        が

先日、テレビのニュ-ス番組でコメンテ-タ-の寺島

さんという方が、江戸時代と現在の米の収量を比較すると

倍になった、と言われていました。つまり、米に限っては

6000万人まで大丈夫ということでしょう。

ひとまず3000万人が助かりましたネ。もっともお米だけを

食べているわけでは有りませんので、安心はできません。

今の日本の食糧自給率は ナント たったの

      39%

だそうです。円高や貿易で得た外貨で、世界中の食料を

買いあさっている、といった感じです。しかし、インドなどでは

食料の輸出制限をし始めています。自分の国の人が

食べるものが無いのに、他国へ輸出するような国が有るとは

思えません。来るべき食料危機に備えて、小食粗食を励行

するように努めなければなりません。

また、石油高騰、食料高騰の原因の多くはヘッジファンドなど

の投機資金の嵐だとも言われています。「私は先物取引や

株なんかしていないので、関係ない!!」と思いがちですが

投機資金のかなりの部分は日本ものだとも言われています。

コツコツ貯めた銀行預金や生命保険掛け金などが、長引く

超低金利で国内での行き場が無くなり、世界中を駆けめぐって

いるのだそうです。

もっとも、そのどちらにも縁のない我が家は、幸いにも

加害者にならずにすんでいます。

こんな諦めとも愚痴とも言われそうなことを書いているより

仕事をしましょう!!!出勤

|

« 千の風にならないで!!vol.3 | トップページ | 瓦のお嫁入り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千の風にならないで!!vol.3 | トップページ | 瓦のお嫁入り »