« 千の風にならないで!! | トップページ | 後の2本の傘 »

慈悲の傘 4本

2008/5/22

島根珍道中 vol. 2

世界でただ一つ温泉街が世界遺産に登録されている。

それが石見銀山とセット登録されている、温泉津温泉である。

(ゆのつ と読みます)

銀を世界中に輸出するために整備された港町で温泉としても

有名な地ですね。

温泉津といえば、私たち真宗門徒で思い出す(出さないか?)

のは 淺原 才市 同行 ですね。

妙好人として、鳥取の 足利源左 さんと双璧といえる方です。

その 才市 さんが生まれ住んだ所です。

島根の旅の最後に ひとっ風呂 浴びて帰ろうと思い、

荒本由未 さんの同年が住職をつとめる 西楽寺 に

車を駐めさせていただき、いざ世界遺産温泉街に!!

ところが折り悪く、雨 助手席の連れ合いは

「こんなに雨が降っているのに、傘もないし、どうするの!!」と

         爆発寸前

車の中に漂う 険悪な 空気

偶然目に入ったのは、寺の庫裏の玄関に置かれた

二つの大きな  

なんとその中にいっぱい傘が差さっているでは有りませんか

内緒で 2本 無断借用してしまいました。ゴメンナサイ

離婚寸前旅行が 離婚旅行になる所でしたが。

その2本の傘に助けられました。

返却するときに 瓶 に傘を差したとき。いっぱいの傘が

阿弥陀さんの背の 48本の 光に見えたことでした。

ごおんうれしや 二本の傘よ

長くなるので、後の 二本は明日

|

« 千の風にならないで!! | トップページ | 後の2本の傘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千の風にならないで!! | トップページ | 後の2本の傘 »