« 念仏教団返上 | トップページ | 旅人 »

やっぱり私は破旬

2008/4/2

昨日はエイプリルフ-ルでしたが、笑えない一日と

なってしまいました。目前に迫った選挙の準備が

ナカナカ進まず、加えて家族の非協力的な挙動に

イライラが募る一方で、ぷっつん切れてしまいました。

選挙の準備と言っても自分一人でする作業が

ほとんどで、一番力になって欲しい長女の

普照 さんは手伝いたくても手伝えない 長野県に

冷静になって考えてみると、家族が協力的でないのは

頷けます。誰でも選挙なんかやりたくないですもん!!

当の本人の私自体が もっともやりたくないと

思っているのかも知れません。

そんな私は 以前にもこのブログに書いた

他化自在天 に住む 大魔王 破旬

そのものですネ 鏡をみると 破旬 の顔が

拝めるはずですが、恐くて 見れません。

------------------

4月1日と云えば、親鸞聖人の誕生日でありました。

京都・東本願寺では 春の法要 が厳修されていたでしょう。

あわせて8日はお釈迦さんの誕生日でもありますので。

大きな御影堂門 の下には カワイイ 天上天下 の

誕生佛が花御堂の中で、甘露のシャワ-を参拝の

方たちに掛けてもらい、「よいかなよいかな」 と

にこにこ元気に 応対 されていたことでしょう。

31日まで同朋会館に奉仕団で泊まり込んでいた

末娘の 順慧(俗名 和子)嬢の報告によると

中学生・高校生貸し切り状態だった同朋会館に

おばさまたちが乱入して来たとか。春の法要は

音楽法要形式で勤まり、大合唱団が組織されます。

その歌姫さんたちだったようです。

この季節の京都は 桜 が咲き誇って華やかです。

来年は 選挙も無いことですので、連れ合いと

いっしょに お釈迦様に 会いに行くことにしませうか。

それまで 持ちこたえれば のはなしですが!!

|

« 念仏教団返上 | トップページ | 旅人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 念仏教団返上 | トップページ | 旅人 »