« 久しぶりのdon・farmer+腰痛 | トップページ | 希有な野外行事終了 »

国宝の中での授業

2008/4/28

今日は親鸞聖人の月命日でした。我が安専寺では毎月

「おはちんち」と言って。有縁のかたが集まり、お勤めし

法話をいただき、あさのおときをいただいています。

連れ合いは、裏方の厨房係でお勝手でご聴聞です。

今日のお題は 「葬儀」だったようです。本人はチャント

聴聞していないので、尋ねても内容は不鮮明!!

先日、お役僧の イカイ さんの葬儀で、喪主が

お参りの焼香の方々に席を立ち、頭をペコペコと

下げなかったのは、真宗の作法であるとの説明が

あったようです。確かに私も以前、喪主の役目は

亡くなった方の棺を守ることなので、席は離れない。

と聴いたことがあります。チャント作法を守られた

のでしょう。

---------------------

昨日は鷲塚・蓮成寺の「れんのさんの法要」にお参り

させていただきました。同時に前々住職の50回忌も

勤められ、その方が養子にみえたさとの野寺・本証寺

住職が出仕されました。法話もその小山師が

「三河の真宗と蓮如さん」についてのお話でした。

蓮如さんのスペシャリスト蓮成寺住職・青木馨師とは

違った視点で、興味深い話でした。その中で現在

岡崎の美術博物館で開催中の特別展

 三河念仏の源流 ―高田専修寺と初期真宗-

http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/exhibition/exhibition.html

の紹介があり、これは是非足を運ばなくっちゃ!!!

お話の中で、親鸞聖人三河御教化の拠点と成ったと

言われる、柳堂・妙源寺の宝物も展示され、ことし重文など

に指定されたとか。妙源寺といえば、数年前に元気塾の

仲間とバスを仕立てて、三河の御旧跡巡りをした折りに

お世話になったところ、お留守にもかかわらず、私たちの

ために、国宝の柳堂(檜皮葺の見事な建物です)を解放して

置いていただき。その中に入り青木馨先生より短い授業を

受けたことを思い出しました。観光寺院なら中に入ることも

できますが、なかなかできない体験をさせていただきました。

|

« 久しぶりのdon・farmer+腰痛 | トップページ | 希有な野外行事終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりのdon・farmer+腰痛 | トップページ | 希有な野外行事終了 »