« 我が家の 報恩講 厳修 | トップページ | ありがた屋 »

奉仕団

2008/2/24

先日、西別院(本願寺派の名古屋別院)の報恩講にお参り

してくると書きましたが、ちゃんと行ってきましたヨ

別院では全国でここだけだといわれているそうですが、

大逮夜法要後、夜通しで布教(法話)が行われます。

私は所属する地域政党(?)みどり東海の学習会と

懇親会(飲み会)があったので、ほろ酔い加減で

寒い夜道を徒歩で東別院から西別院に行き、

聴聞させていただきました。本堂階下の総会所

に10人ほどの門徒さんと明朝まで、夜食のうどん

や、お茶、菓子、みかんなど至れり尽せりのもてなし

での聴聞です。反面、人数が少なく、講師の先生が

ま近なので、居眠り不可の雰囲気!!でも仕事の疲れ

も手伝って、ウトウト・・・すみません、もったいない

さて、前置きが長くなりましたが、タイトルの 奉仕団

私たちの大谷派では 奉仕団 というと 現在は

御遠忌お待ち受け奉仕団 という名前に統一されていますが

報恩講、すす払い、障子張り、小中高生、推進員養成講座

などなどの方々が同朋会館に泊まりこみで本山奉仕活動を

して、仏法生活をさせていただきます。(楽しいですよ!!)

       が

本願寺派では 念仏奉仕団 という形で本山奉仕をされる

ようであります。どんな内容かは不明(一度お聞きしてみますネ)

西別院が送り出した 念仏奉仕団 の本山で記念撮影した写真が

会場に6枚ほど掛かっていました。それらの写真を見て

       ビ ッ ク リ

すべての写真に 門主 さんの姿がありました。

先月、お邪魔した 報恩講での ご親教(門主さんのメッセ-ジ)

の話し方や書かれた書籍などを見聞きするに、其の人柄が

伺えます。其の写真からも奉仕団を大切にされているんだナ-と

感じます。   ウラヤマシイ

もっとも違った意味で私たち大谷派の奉仕団は大切にされている

とも感じていますがね

いずれにしろ、京都のあの場所に、私の身を置くということに

格別の意味があるようです。

京都にすこぶるいい距離にある(近すぎず遠すぎず)に住む三河門徒よ

外国や温泉もいいけど 年に一度くらいは 本山にお参りしましょうよ!!!

|

« 我が家の 報恩講 厳修 | トップページ | ありがた屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が家の 報恩講 厳修 | トップページ | ありがた屋 »