« | トップページ | ふたなぬか »

精進

2008/2/5

精進

先月、京都の東本願寺に上山し、同朋会館で座談をして

居たときに。講師の先生から出された言葉です。

仏教徒として精進していきましょう、という意味のことを

言われました。努力と精進は違うとか

よく精進料理とか精進落ちなどのいみで、私たちは

使いますが。パソコンの辞書で調べると

しょうじん-こん しやう― 3 【精進根】
〔仏〕 五根(2)の一。ひたすら仏道に励むこと。また、その能力。勤根(ごんこん)
三省堂提供「大辞林 第二版」より
と有りました。
お寺さんが正信偈の代わりによくお朝事で拝読されるものに
嘆佛偈(讃佛偈)と三誓偈(重誓偈)というお経があります。
どちらとも大無量寿経の中にある偈(うた)です。
その短いお経の嘆佛偈にはナント4回も
精進という言葉が出てきます。
漢文のお経なので意味はよく分かりませんが
和訳されたものを読むと
いそしむ とか はげむ と言う言葉が
当てられています。文面からは継続し
続けるように云われているような気がします。
辞書に云われるように、ひたすらはげみましょう。

|

« | トップページ | ふたなぬか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | ふたなぬか »