« 奉仕団 | トップページ | 風邪ひきでお休み中です »

ありがた屋

2008/2/26

昨晩は14組(碧南の真宗寺院の集まり)の真宗講座が

あり、今回は連れ合いは留守番するとのことなので

一人で出かけました。

講師は岡崎教務所長の 出雲路善公 さん(53歳)

講題 「与虚空共闘」(よこくうぐどう)-聞法と生活のはざまで-

でした。これをみただけで ムツカシソ---!!でしょ

内容をここで書くことは不可能なくらいです・・・

これは源信僧都 のことばとか

虚-娑婆 と 空-浄土 との緊張を生きてください ということ

     だそうです

お話の中で、お説教を聴いて、感動して、ありがたいありがたい

といただいて、そのまま浸ってしまっているような、つまり

私の聞き方のことを、言い当てられているのですが

そんな私みたいな人間を、講師の先輩は

    ありがた屋

と呼んでいたそうです。

そういえば 若いころ 守屋浩 という歌手が

「ありがた屋節」という歌をうたっていましたネ  ふる--

もう一つ、耳にのこったのは講師が鹿児島に居たときに

60代の女性が、お嫁さんから「お母さんはお寺にご聴聞に行かれて

ますが、いったいどんなことを聞きに行ってるのですか?」と

尋ねられたそうです。その姑さんは「あなたとどうしたら仲良く

暮らしていけるのかを聞きに行ってるのよ」とこたえられたとか

むつかしい仏教用語でごまかすことなく、平易なことばで

聴聞ということを言い当てているのではありませんか

というのが講師の言いたかったことでしょうか。

私に仏法聴聞をとおして、尋ね、出会っていくことでしょうが

なかなか、私にはできそうに無いことです。

易行 といわれている念仏往生、されど 難信 なのです

|

« 奉仕団 | トップページ | 風邪ひきでお休み中です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奉仕団 | トップページ | 風邪ひきでお休み中です »