« 映画上映の案内 | トップページ | 13年ですか・・・・・・ »

オ-ルナイト法話(その1)

2008/1/17

15日の昼前に自宅を出発して、一泊二日の小旅行に

連れ合いと二人、JRの鈍行列車に揺られ、行ってきました。

目的地は京都&大阪です。

昨年11月の東本願寺の報恩講にお参りすることができなかった

ので、年が明けて、1月9日~16日の西本願寺報恩講参拝です。

それも、以前から気になっていた、休み無く法話を聞くことのできる、

通夜布教が目的でした。

午後2時過ぎに到着して、大逮夜法要に白洲のモニタ-のお参り

御影堂は工事中なので、阿弥陀、御影両方のみえる総御堂は

超満員なので中に入れません。その後、門主さんの「ご親教」という

メッセ-ジをご本人が読まれます。すべてご自分で文章を作られるとか

文才ありの方ですね。

それが終わると、講中毎日「小豆粥」の接待があります。

親鸞上人がお好きだったと言われている、小豆と阿弥陀様と

御親影に供えられていた、お仏飯が使われているそうな。お給仕の

方が塩昆布をパラリと落としてくれます。オイシカッタですよ。

さて目的の通夜布教ですが。日程は15日午後6時45分から

明朝6時15分まで、14人の講師が一人持ち時間40分で

次から次と話されます。お参りの方が多くて会場に入れないので

会場を二つに分け、各講師は両方の会場で一座ずつ話されます。

それでも会場は満員なので、私たちは別の会議室に設置された

モニタ-を見ながら、聴聞させていただきました。

といっても、ほかに行きたいところがありましたので、夜の11時過ぎ

からの聴聞開始でした。

-----------------------------------------------------

続きは 後日 乞うご期待!!

|

« 映画上映の案内 | トップページ | 13年ですか・・・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画上映の案内 | トップページ | 13年ですか・・・・・・ »