« JUS | トップページ | 三度目の往生 »

お坊さんは神に仕える身??

2007/12/8

昨日だったか、ニュ-ス番組を見ていたら、お坊さん夫婦の

殺害事件を報道していました。たまたまコメンテ-タ-として

座っていた、ヨシモト(だと思う)のお笑い芸人、友近嬢が

コメントを求められて、「神に仕えるお坊さんにそんなこと

するなんて・・・」と話していた。いつからお坊さんは神様に

仕える身になったのでしょうか?と違和感をもって聴いていた

のは、果たしてどれだけの人がいるやら?と言った方が

いまの現実なのかも知れませんね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重層信仰の日本人がほとんどかも知れませんネ

お寺の除夜の鐘を聴きながら、身繕いをして、村の鎮守に

初詣という人がほとんどです。我が家ではもう10年以上

神社に初詣に行ってません。と言うのも 安専寺 の

除夜の鐘のつく回数をカウントする仕事を仰せつかって

いるからです。鐘を突きにみえる方はほぼ100%神社

の帰り道に寄られるようです。中には振る舞い酒の酔いの

中の方もチラホラ

厄年をいっしょに迎えた同年の友達で、元旦の日に

神社でそろってお祓いを受けています。こちらにも

幹事への出欠の返事には「宗教上の理由で欠席」

と書き続けています。もっともその後に場所を変えて

いっぱい会があるのですが、そちらは皆勤賞です。

死ぬまで自分の意志で神社の鳥居をくぐることは

ないでしょう。

もう一つ、我が家はクリスマスをお祝いしません。

子供は「ナンセンス!!」と云ってますが、クリスチャンでも

無い人が、クリスマスを祝う方が ナンセンス だと思うのですが

クリスマスプレゼントが貰えないことが不満のようです、

代わりに 報恩講の お小遣いが 支給されるシステムに

なっています。

クリスマス と 報恩講 が同じ季節で ヨカッタ

|

« JUS | トップページ | 三度目の往生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JUS | トップページ | 三度目の往生 »