« あまねく | トップページ | ノンアルコ-ルの新年 »

手術台

2007/12/26

昨日は午後より夕刻ま、半日入院でした。闘病記?です

右手人差し指の真中に 腫瘍 が6年ほど前から

できていて、ビ-玉大まで成長(?)して、時々痛みも

出るようになったので、思い切って切除することに・・・

ちょっと切って、ポコット取れるくらいに気楽に考えて

いたのですが、神経もいっしょに切断されると、右足

ふくらはぎの神経を移植することになるとか・・・

入院後すぐの点滴から始まり、医療ドラマのような

手術台に乗り、ピコピコという音のする器具を付けられ

右腕に麻酔を打たれ オペ 開始、右手以外は平常なので

先生と看護士さんのやりとり、メスや器具のおと丸聞え

一時間半ほどの手術も無事終了、神経を守るために

顕微鏡の手術だったとか。移植も必要なくヨカッタ×2

車椅子に乗せられ(大げさですが、ふら付いて歩行困難)

その後ベッドで延々点滴・・・・・・・・・・・・・

退院できたのは外が真っ暗になった6時過ぎ。

余りに「迎えにきて!」の電話がないので心配で

迎えにきてくれた連れ合いと末娘と一緒に

同じ病院に入院している 母親 の見舞いをして

家路につきました。心配して話し掛ける病人の

母親の言葉も、自分の身が大変で耳に入りません

でした。ごめんなさい

家にはすでに暖かい夕飯ができていて。

3人で お夕事 を勤めて ありがたく いただきました。

|

« あまねく | トップページ | ノンアルコ-ルの新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あまねく | トップページ | ノンアルコ-ルの新年 »