« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

ノンアルコ-ルの新年

2007/12/30

とうとう2007年もあと一日ですね。今年はホントに

いろんなことがありました。いろんな人とも出会いました。

指の手術のあとの診察に28日病院に行き、マスキン浴

といって、自分で手術の傷口を消毒薬を入れた

ぬるま湯に浸し、洗浄をしました。ちょっとした切り傷

位のものだと思っていた傷口は、以外に大きく

縫い目も痛々しいものでした。4日の抜糸まで飲酒は

厳禁と再三、先生にも看護婦さんにも言われているので

おとなしく、ノンアルコ-ルを続けています。したがって

お正月もお酒は飲めません。大人になってから

お正月にお酒を飲まないのは、初めてのような

気がします。

親鸞上人は90回のお正月をどのように過ごされていた

のでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・??

| | コメント (0)

手術台

2007/12/26

昨日は午後より夕刻ま、半日入院でした。闘病記?です

右手人差し指の真中に 腫瘍 が6年ほど前から

できていて、ビ-玉大まで成長(?)して、時々痛みも

出るようになったので、思い切って切除することに・・・

ちょっと切って、ポコット取れるくらいに気楽に考えて

いたのですが、神経もいっしょに切断されると、右足

ふくらはぎの神経を移植することになるとか・・・

入院後すぐの点滴から始まり、医療ドラマのような

手術台に乗り、ピコピコという音のする器具を付けられ

右腕に麻酔を打たれ オペ 開始、右手以外は平常なので

先生と看護士さんのやりとり、メスや器具のおと丸聞え

一時間半ほどの手術も無事終了、神経を守るために

顕微鏡の手術だったとか。移植も必要なくヨカッタ×2

車椅子に乗せられ(大げさですが、ふら付いて歩行困難)

その後ベッドで延々点滴・・・・・・・・・・・・・

退院できたのは外が真っ暗になった6時過ぎ。

余りに「迎えにきて!」の電話がないので心配で

迎えにきてくれた連れ合いと末娘と一緒に

同じ病院に入院している 母親 の見舞いをして

家路につきました。心配して話し掛ける病人の

母親の言葉も、自分の身が大変で耳に入りません

でした。ごめんなさい

家にはすでに暖かい夕飯ができていて。

3人で お夕事 を勤めて ありがたく いただきました。

| | コメント (0)

あまねく

2007/12/22

ホントに今年も残り少なくなってきましたね。

我手次のお寺 の報恩講が終わったので、

住職曰く 「寺の一年は報恩講に終わり、報恩講で始まる」

ということは、新年が始まっているわけです。

忙しいので手抜きということはないのですが

友人のブログ「未安心の部屋」に入れたコメント流用します。

http://blog.goo.ne.jp/xiang9641/e/0d6a12c491ecc88e3ac797caa7e43b70

その友人は、文中に二人のお兄さんの法名をかかれ

出典はどこでしょう?と問われています。

以下 小生のコメントです

------------------------------------------------

正解者には豪華賞品?? (釈 宝樹  )

ほかにもあるでしょうが、手近なところで

常照・・・摂取心光常照護&大悲無捲常照我
勝願・・・建立無上殊勝願

新潟の安専寺の報恩講で本堂コンサ-トをされた
こんのひとみ さんが参拝者すべてに短いメッセ-ジを
書いてもらい、すべてに即興で曲をつけて歌ってくれました。

私の長女の千里は自分の法名を使ったメッセ-ジを書きました。

  わたしのなまえは 普照(ふしょう)
  あまねく世界をてらします

俗名の 千里 も我が家の床の間に掛かっている
掛け軸に書かれている

  千里同風

からつけました。軸をいただいた寺の住職に出典を
聞いていました、中国の言葉で 千里四方

      あまねく

同じ風が吹いているほどの平和な状態を表す言葉とか・・・

    世の中 安穏なれ 

| | コメント (0)

薬害C型肝炎&議員報酬

2007/12/20

今日は一日中・薬害C型肝炎の政治決断がどうなるか

気になって仕方がありませんでした。

個人的にも薬害エイズ患者の 川田龍平 君を

知っているので、この問題は人一倍、腹が立ちます!!

スモン病、エイズ、ヤコブ病、C型肝炎と連綿と

続く、国と製薬会社によって引き起こされる 薬害

元をたどれば、悪魔の飽食の731部隊、某国立大学医学部

の連中が作った試薬会社 ミドリ十字 がいつも登場します。

厚生省役人のあざ笑っているような無責任ぶりも

いつも見られます。原告患者さんたちには申し訳ないが

これを最後にするために、ガンバッテ欲しい

議員報酬を出勤しただけの日当にする町があります。

      福島県・矢祭町

10名の町議に年間総額で3473万円使っているが。

議会に出た日数だけ、日当を支給し、ボ-ナスも廃止

約2000万円支出が減ることになるという。ほかに仕事

を持って収入のある人しか、立候補できなくなる恐れも

あるが、議会のある日と議員としての仕事のある日

以外は何か仕事をすればいいのではないかな?

毎月給料をたっぷりもらい、旅費ももらい

議会に出たら別に15000円/日を特別にもらっていた

わが愛知県の県議さん、つめの垢をもらって飲め!!

| | コメント (0)

生尊貴家の願

2007/12/19

長らくお休みをしていました。

15,16,17日と安専寺の報恩講が無事勤まりました。

お参りくださった方々には、深謝

今年も17日の結願日中・御満座の法話は名古屋

恵林寺の前住職・荒山修 さんでした。

安専寺本堂にかかる、紫の幕のいわれを、以前にも

お話されていたことですが、再度念を押すように

お話し下さいました。大無量寿経に説かれている

四十八願の内の 第43願「生尊貴家の願」

  たとい我、仏を得んに、他方国土の

  もろもろの菩薩衆、我が名字を聞きて、

  寿終わりての後、尊貴の家に生まれん

  もししからずんば、正覚をとらじ

教えを聞いて、尊貴の家に生まれて欲しいと

願われていると・・・・・・・・

何度聞いても忘れてしまう、ワタシです

 

  今年は助音の仲間(4人)で 御俗姓 

報恩謝徳のために、無二の勤行

といわれる、報恩講のお勤めを思い切り

大きな声で発声させていただきました。

      スッキリ

| | コメント (0)

しばらくお休みします

2007/12/13

毎日ちゃんと更新しない上に、しばらくお休みとは

情けないのですが、我・安専寺の報恩講の準備

助音出仕、かたずけなどのため、勝手ながら

しばらくお休みします。

本日は華束(お餅で華のようなお飾りにしたもの)

用の餅を25臼ほど一人で手返ししたので

くたくたです、すみません

| | コメント (0)

ネズミの亡がら

2007/12/11/ 

以前ネズミの亡がらを、土葬にするか火葬にするかの書き込みを

しましたが。その後もネズミくんが出没し、超音波で撃退(居場所が

変わるだけ)する機械も使いましたが、効果なし

結局、ハエ取り紙のネズミ用のものを使い。一匹ずつ捕獲することに

なりました。これだと確実に捕獲できますが、夜仕掛けて朝起きると

まだ元気なネズミが鳥もちつかまり、チュ-チュ-と鳴いています。

土葬するにも埋める土地がないので、結局市が回収する、燃えるごみ

に混入することにしました。

連れ合いは、「ごみといっしょに捨てなさい!!」と命令するのですが

やはり、同じ命を持った生き物ですので、私にはできません

丁寧に紙で包み、  棺書  の南無阿弥陀仏と書き

一度、内佛おところに連れて行き、次に生まれるときは

人間に生まれてきて、仏法に出会えよ!!と

お線香をあげます。

棺書 にしても 内仏での引導も 法話を聴いていて

教えられました。

私は次に生まれるときは ネズミ かも知れません!!

| | コメント (0)

三度目の往生

2007/12/11

聖徳太子は 救世菩薩 の生まれ変わりだといわれいます

その 救世菩薩の夢告を六角堂で受けて、親鸞聖人は

比叡山を降りて、法然上人のもとに向かわれたとも言われて

います。

さて、その法然上人も釈尊や善導大師の生まれ変わりだと

言われています。親鸞聖人の和讃に法然上人の亡くなる

ところが詠われています。

  命終その期 ちかずきて

  本師源空のたまわく

  往生みたびになりぬるに

  このたび ことに とげやすし

というものがあります、今回の往生は三度目ですよ

と云われています、それも、とげやすいとも

前の2回が 釈尊 と 善導大師 であると以前

教わりました。

私は誰(なに)の生まれ変わりなのでしょうか???

  

| | コメント (0)

お坊さんは神に仕える身??

2007/12/8

昨日だったか、ニュ-ス番組を見ていたら、お坊さん夫婦の

殺害事件を報道していました。たまたまコメンテ-タ-として

座っていた、ヨシモト(だと思う)のお笑い芸人、友近嬢が

コメントを求められて、「神に仕えるお坊さんにそんなこと

するなんて・・・」と話していた。いつからお坊さんは神様に

仕える身になったのでしょうか?と違和感をもって聴いていた

のは、果たしてどれだけの人がいるやら?と言った方が

いまの現実なのかも知れませんね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重層信仰の日本人がほとんどかも知れませんネ

お寺の除夜の鐘を聴きながら、身繕いをして、村の鎮守に

初詣という人がほとんどです。我が家ではもう10年以上

神社に初詣に行ってません。と言うのも 安専寺 の

除夜の鐘のつく回数をカウントする仕事を仰せつかって

いるからです。鐘を突きにみえる方はほぼ100%神社

の帰り道に寄られるようです。中には振る舞い酒の酔いの

中の方もチラホラ

厄年をいっしょに迎えた同年の友達で、元旦の日に

神社でそろってお祓いを受けています。こちらにも

幹事への出欠の返事には「宗教上の理由で欠席」

と書き続けています。もっともその後に場所を変えて

いっぱい会があるのですが、そちらは皆勤賞です。

死ぬまで自分の意志で神社の鳥居をくぐることは

ないでしょう。

もう一つ、我が家はクリスマスをお祝いしません。

子供は「ナンセンス!!」と云ってますが、クリスチャンでも

無い人が、クリスマスを祝う方が ナンセンス だと思うのですが

クリスマスプレゼントが貰えないことが不満のようです、

代わりに 報恩講の お小遣いが 支給されるシステムに

なっています。

クリスマス と 報恩講 が同じ季節で ヨカッタ

| | コメント (0)

JUS

2007/12/4  今日は環境のことをすこし

JUS ジュスと読むそうです。これは国連でもっとも軽蔑されて

いる 二つの国のことを指す 造語 だと地球村の高木さんに

教えてもらいました。

現在インドネシアのバリ島の ヌサドゥア というところで

COP13(国連気候変動枠組み条約第13回締約国会議)

が行われています。日本が初めて環境の国際会議の

ホストを務めた京都会議でとりまとめた、CO2削減の

ための 京都議定書 その次の枠組みを論議している

ようです。残念ながら日本はホスト国でありながら

何も削減のための取り組みをせず、CO2排出量を

大幅に増やしています。自分で決めたことも実行

できないかも知れません。

そのCOP13の会議で米国と組んで世界各国の努力

の足を引っ張ろうとしている模様です。

インド洋での戦争のために無料ガソリンスタンドを

続けようという国際貢献(?)には真剣ですが、

地球温暖化防止の国際貢献には消極的ですね!!

さて、 JUS ですが、おわかりですね。

JAPAN の J

USA   の US

を組み合わせ JUS となりました。

ちなみに 国連の費用を負担している国で

No1 は USA 、No2 は JAPAN です

| | コメント (0)

ライオンと仏教

2007/12/4

以前、犬とお朝事をしていると書きましたが。

ライオンとお夕事しているということでは有りません。

とても怖くてそんなことできませんヨ。もっとも先日テレビで

トラが暮らしている東南アジアのお寺を映していたので

あのお寺は 虎と勤行しているかも知れません。

先日、報恩講にお参りした、名古屋の恵林寺さんの

本尊の前に 獅子(ライオン)の姿が大きく刺繍されて

いました。仏教発祥の地 インド にはライオンは

住んでいないですよね、不思議だな-と、思っていたのですが

今朝、あさのお勤めに、たまには変わったものをと

正信偈の代わりに 私たち在家の者はあまり使いませんが

お寺では良く使われている 嘆仏偈 を使いました。

その中に 人雄師子

と有ります。これでは意味がわかりませんので、和訳を

見てみると 

   人々の雄者(おさ)獅子のごと

 と有ります。

ライオンが出てきました。更にもう一つ違ったお勤めに

三誓偈 と言うものが有りますが。これには

    説法師子吼

と有ります。同じく和訳では

   獅子吼ゆるごと 法説かん

とあります。ここにもライオンが出てきます。

あの刺繍のライオンは このお経の言葉に由来して

いたんですね。

お寺の荘厳はどれをとって見ても、お経などを

姿として教えてくれていることが分かります。

そう言えば、本堂の欄間などには、実にいろんなものが

彫られています。実在しないような動物も見られます。

今度お参りに行かれたら、一度じっくり見上げて

みて下さいね。

| | コメント (0)

世々生々の父母兄弟

2007/12/2/その2

日頃サボることが多いので、たまには一日2回の出稿です

歎異抄の有名な言葉に

「一切の有情は、みなもって世々生々の父母兄弟なり」

と言う言葉があります。有情というのは総ての生き物を指すと

云われますが、とても私の嫌いな、蛇や蚊と兄弟とは思えません

ならば、百歩譲り、人間だけを限定して考えても、親鸞聖人や

蓮如さんと兄弟とは考えにくいし、ブッシュ大統領とは仮に兄弟で

有っても、お断りしたいですね。

先日、柳沢桂子さんという方の書かれた本を読んでいたら

世界中の人のミトコンドリアDNA(?)を調べてみると、世界64億人

の人はすべて、15万年前の たった一人の女性の子孫

で有ることがわかると書いてありました。と言うことはインド人も

中国人も、あの嫌なブッシュ大統領でさえ、私の親戚で有るという

ことになります。この本を読んで、20年以上前に安城市の本龍寺

の住職をされている、樋口さんにお寺の勉強会で聴いた話を

思い出しました。 破骨細胞 の話です。人間は(生物は)破骨細胞

と言うものをもっていて、常に自分の身体の細胞を破壊している

のだそうです、一方外部から取り入れた栄養で新たな細胞を作り

出して、生命を維持しているのだそうです。と言うことは私の身体は

形は同じであるけれども、成分は数日前に畑で栽培されていた

白菜であったり、豚小屋をブ-ブ-と言って歩いていた豚君である

と言うことです。

科学的にそれが証明されているのならば、やはり、食事をする

前には、それらの生物に対して

    「いただきます」

       あるいはもっと丁寧に

「あなたのいのちを私のいのちとして生かさせて

             いただきます」

と云わずにはおれません。

| | コメント (0)

かならずかならず

2007/12/2

念を押したいときに、おなじ言葉を2回続けていいますね。

親鸞聖人はお弟子に送られた、お手紙に

  「この身はいまはとしきわまりて そうらえば、

  さだめてさきだちて往生しそうらわんずれば、

  浄土にてかならずかならずまちまいらせそうろうべし」

と書かれています。もうすぐ亡くなられてから750年に

なりますが、まだ 待っていてくれているのでしょうか?

待っていて欲しいものです!!

以前、法話をされた先生が 正信偈によくでてくる字は

大切ですよ と云われていたので、 必 という字も

良く出てきますね、と云ったら、先生は 「その字は

いつもフラフラしている私のこころ(心)に 一本

釘を刺して、揺るがないようにする意味があります」

と云われ、たびたび出てくる意味がわかりました。

でも、釘を刺しても、私の心はすぐフラフラします。

今朝、朝風呂を浴びながらそのことを考えていました、

釘が短いので、効果が弱いのでは?? 釘を大きく

しようと、聴聞を重ねますが、なかなか釘が大きく

なりませんね。発想を転換して一つの対処として、

釘の大きさが変わらないのであれば、心を小さくすれば

シッカリ固定できるかの知れません。

しばらくこの方法を実験してみることにします。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »