« 愚者になりて往生す | トップページ | 仏法をわかったと言うことは、恥をかいたこと »

三択(目・耳・口)

2007/11/18

昨日、西光寺さんの報恩講の岡崎教務所の前所長

渡邉晃純さん の法話で聞いたことです。

ヘレン・ケラ-さんが日本に来たとき、アナウンサ-に

「見える目、聞こえる耳、話せる口のどれか一つを

回復できるとしたら、どれを望みますか?」と訊かれた

そうです、アナウンサ-は当然 目 と答えられると

思っていたそうです。でも ヘレンは

     耳

と答えたそうです。理由は 

「心に光が差すのは耳からだから」

いま、全国的に親鸞聖人のお徳を

思い出す行事    報恩講

が勤まっています。どのお寺も勤行やお斎と呼ばれる

食事だけでなく、仏教のお話を聞く・法話が

セットされています。聴聞あれ!!

|

« 愚者になりて往生す | トップページ | 仏法をわかったと言うことは、恥をかいたこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愚者になりて往生す | トップページ | 仏法をわかったと言うことは、恥をかいたこと »