« ア・サラ-ム・アライコムとナム・アステ | トップページ | 火葬 か 土葬 か?? »

幸せの たね

2007/11/5

3日~4日と はるばる日本海に面した越後

親鸞聖人の流罪の地、上越の隣町、糸魚川・能生の

安専寺さんの 報恩講にお参りしてきました。

3日の午後から始まり、途中、隣接する汐路保育園主催の

こんのひとみ さんのコンサ-トも法要日程に組み込まれていた。

名前も顔も知らなかったけど、CMで流れている「ム-ニ-マン」

や「まるこめ」の歌声や、NHKみんなの歌で太田宏美さんが

歌った「パパとあなたの影法師」の歌を作った人である。

自ら病気に冒され、体調も良くないなか、一時間半ほど

熱唱とト-クは聞き応えのあるものでした。最後に全員が

書いたメッセ-ジを即興でメロディ-を付けて、歌ってくれ

ました。我が家から3人参加しましたが。ちゃんと歌にして

くれました。

歌われた中に「幸せのたね」がありました。

赤ちゃんは生まれるとき、ぎゅっと両手の平を握っています。

その手の中に 幸せのたね が入っているとか。

そう言えば。いま私が絵解きをしようとしている聖徳太子は

妊娠13ヶ月で生まれ、二歳まで言葉を発せず、それまで

手の平を握りしめたままで、2月15日の夜明けに、東を向き

合掌し、「南無仏、南無仏、南無仏」と三言のべ、その手を

開くと、仏舎利が中にあったとか。

それは日本に仏教を広め、日本人全員を幸せにする、種で

あったという風に、受け取りましょう。

|

« ア・サラ-ム・アライコムとナム・アステ | トップページ | 火葬 か 土葬 か?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ア・サラ-ム・アライコムとナム・アステ | トップページ | 火葬 か 土葬 か?? »