« 犬の念仏、猫のお勤め | トップページ | かならずかならず »

船友

2007/11/30

いよいよ明日から師走ですね

タイトルの 船友(せんゆう) ですが、造語です。戦友というのは

よくきく言葉ですね。 船友 の方は船乗り仲間という意味合いです。

以前このブログで書いた 遺徳煮(いとこ煮)をご縁に、ネット&メ-ル

でまたひとり友人(先輩に失礼)ができました。ネット上のお付き合い

ですので、お会いしたこともありません。でもメ-ルで話してみると

意外と共通点があるものです。その富山県にお住まいのHさんは

私と同じ以前、外国航路の船員をされていたそうです。書かれている

文章から、今は戦場となった、イラクのバスラと言うところに行かれて

いたそうです。私も30年以上まえに一度だけ云ったことのあるところ

で、思い出深いところでした。

富山といえば、三河と同じく真宗の盛んなところ、てっきり真宗の

門徒さんと思いきや、クリスチャンだそうです。でも周りはほとんど

真宗門徒とのこと。奥様と二人でお寺参りなどされているとか

クリスチャンと云えば、親しくさせていただいている、新潟・糸魚川

能生・小泊の安専寺の住職、老野生さんも、元はそうでした。

ネットというのは距離や時間に関係なく、友人ができてしまうので

便利というか、不思議なものですね。オジサンたちのこのような

使い方は カワイイ ですが、子供や若者が取り憑かれたように

携帯電話を手放さないのは、やはり問題があるかもしれません。

電車に乗っていると、親子ずれを見かけますが、親はズ-ット

携帯電話を操作し通しで、子供は話すこともなくつまらなそうに

している姿をよく見かけます。空しく時が過ぎているようです。

|

« 犬の念仏、猫のお勤め | トップページ | かならずかならず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん古いものまで読んでいただき
ありがとうございます。
ホントに不思議&素敵なご縁を いとこ煮(威徳煮)
でいただいたものです。
もう富山の祭りが終わってしまいましたね。
インタネットのyouTube画像で むぎや と こきりこ
を見ましたが、それぞれ違った趣がありいいもんですね。いつか両方とも見に(踊りに)行きたいものです。
富山行きのブログに名古屋の真宗の師からコメントを
もらいました、福光の光徳寺と井波別院にも行くように薦められました。福光は戦争中、棟方志功さんがそかいしてみえたそうで、いろいろ興味深いものがあるようです。
黒部の方では紅葉真っ盛りなのでしょうね、日本は四季折々、楽しませてくれていい国です。何とかこの豊かな自然を未来の人にも残しておかねばなりません!!ではまた

投稿: 釈破旬 | 2008年10月20日 (月) 23時42分

拝読しました(~o~)

瞬きほどのひと時でしたが、遠来の友という感じがしないほどの親しい感じをいただきました!

これからもご厚誼をお願い申し上げます(~o~)

投稿: 平野武 | 2008年9月14日 (日) 09時25分

船友さん、拝見しました(~o~)

富山では瞬きほどのひと時でしたが、以前からの親しい友だちといった感じで楽しいひと時でした。
ありがとうございました。

今日は城端の「むぎや節」で南砺市は大賑わいです。
しばらくすれば五箇山の「コキリコ節」で、これも夜遅くまで周囲の山々にコキリコが響き渡ります(~o~)
またのお出でをお待ち申し上げます<(_ _)>

投稿: 平野武 | 2008年9月14日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬の念仏、猫のお勤め | トップページ | かならずかならず »