« 大浜(鷲塚)騒動とミャンマ- | トップページ | 導師帰還・信州上田観光案内その一 »

小林一茶は三河門徒?

2007/10/5

今年の夏、長野県の信濃町に行きました。

ここは江戸時代の俳人・小林一茶の故郷です。

以前京都の本山・東本願寺に奉仕団として上山した折

教導の太田浩史先生から一茶は三河門徒の子孫と

教えられました。信濃町の柏原という町は近くでは

珍しく、ほとんど方が真宗門徒だそうである。

蓮成寺の青木先生にお訊きしたら、一茶の菩提寺

明泉寺のル-ツは足助の真宗のお寺だそうである。

三河門徒が信濃で作った街が柏原ということかな?

小林一茶記念館からは雄大な黒姫山が見えます。

のどかないいところでしたヨ。一度尋ねてみては

どうですか?

新聞でこんな一茶の俳句を見つけました。

   ととさんや あの ののさんが かかさんか

母を亡くした子供のころのことを詠った句でしょう。

親子でお勤めをする姿が想像されますね。

今月大浜で開催される、寺町ウォ-ク で一句

ひねってみましょうか・・・・・・・・・

|

« 大浜(鷲塚)騒動とミャンマ- | トップページ | 導師帰還・信州上田観光案内その一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大浜(鷲塚)騒動とミャンマ- | トップページ | 導師帰還・信州上田観光案内その一 »