« カタギヌ | トップページ | 東海道五十三次 »

カルナ-

2007/10/10

今日は 体育の日ですね、ハッピ-マンデ-と言って

国民の祝日を、記念日でもない日曜の次の月曜に当てる

ようになってから、数年がたちます。体育の日と言えば

東京オリンピックの開会式を行った日を記念して創設

された祝日です。当時私は中学生、体育館に集められ

テレビ中継を見たものです。休みを増やしたいならば

記念の日を移動するのではなく、毎月第一週を連休

にするような方法をとればいいのにと思いますが・・・

カルナ-とは違う話になってしましましたが、カルナ-

さっぱり意味がわかりませんね。仏教ではよく慈悲

という言葉を使います。これは仏の徳を表す 四無量心

慈・悲・喜・捨の最初の二文字を合わせた言葉だそうです。

後の喜と捨はあまり使いませんね。その悲という文字は

サンスクリット語の カルナ- と言う言葉を音写したものだと

新聞を読んで知りました。原語の意味は「うめき声」だそうな、

最近のミャンマ-の報道を見ると、ウ----ンと思わず

声にならない声が出るのは、私だけでしょうか????

人の痛みを100%自分のものと感じることはできませんが

少しは痛む我が心に、よいかな・よいかな!!!と云って

やりましょう。

|

« カタギヌ | トップページ | 東海道五十三次 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カタギヌ | トップページ | 東海道五十三次 »