« ノ-ベル平和賞 | トップページ | 一高僧から一字拝借 »

六高僧から一字拝借

2007/10/28

今日は28日ですね。我が寺 安専寺では今年最後の

「おはちんち」・親鸞聖人の月命日法要が勤まりました

運良く日曜日に当たりましたので、お参りの縁をいただき

ました。連れ合いは お斎の準備のお手伝いで7時出勤

でした。私は8時に寺へ・・・・

今日の講師は圓智坊こと若院の 安藤智彦師です。

親鸞聖人が正信偈をどんな理由で作られたか を

教えていただきました、  納得

そのお話の中に、善信 と言う名前が出てきます。

これは親鸞聖人のいくつもある名前の一つです

他に 範宴(はんねん)、綽空(しゃっくう)などが有りますね。

ここで素人考えですが、その名前は親鸞聖人が深く尊敬

されていた、インド、中国、日本の7人の高僧の名前の

漢字を一字ずつ使われています。その7人とは

 インド=龍樹菩薩(りゅうじゅぼさつ)

      天親菩薩(てんじんぼさつ)

中 国=曇鸞大師(どんらんだいし)・

     道綽禅師(どうしゃくぜんじ)・

     善導大師(ぜんどうだいし)

日 本=源信和尚(げんしんかしょう)・

     源空聖人(げんくうしょうにん

ですが一人だけ使われていない方がいます。

さて誰でしょう?????????????

以前大谷大学の先生に何故一人だけ仲間はずれ

なのか、質問しましたが、尋ね方が悪かったのか

回答がもらえませんでした。どなたかご存じですか??

|

« ノ-ベル平和賞 | トップページ | 一高僧から一字拝借 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お返事ありがとうございます。
日にちに「お」をつけるとは、思いもよりませんでした。
そういえば賢雄先生のお寺では、28日は精進日にして肉・魚を食べないと聞いたような気がします。皆さんそれぞれ、毎月大切にその日を過ごしていらっしゃる様子がうかがえます。
釈宝樹さんは、やはり阿弥陀さんの子牛のようですね。

投稿: 釈尼浄然 | 2007年10月29日 (月) 22時32分

釈尼浄然 さま
ご愛読ありがとうございます。
昨日、残された一字を使っている野球チ-ムが
快勝し、名古屋に戻ってきます。楽しみですね。

お尋ねの「おはちんち」ですが。親鸞聖人の命日が28日ですので、その8 を丁寧に お 
を付けて お8日 の読みをひらがなにして物です。

報恩講のことを、お年寄りは 「おこうさん」と優しく呼びますね。ほんの少し前まで私たち三河門徒は 報恩講を大切にしてきたんだな-
とその呼び方からも憶念させてもらっています。   拝

投稿: 釈宝樹 | 2007年10月29日 (月) 06時39分

さて?さて? 中日とアイデア1番様のためにとっておかれたのかも…。

ところで「おはちんち」ってどういう意味なのでしょうか。平仮名で書くのですか。また機会があったら教えて下さいませ。

投稿: 釈尼浄然 | 2007年10月28日 (日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノ-ベル平和賞 | トップページ | 一高僧から一字拝借 »