« 東海道五十三次 | トップページ | 電車、バスに乗ってます? »

最初に死ぬのは お坊さん?

2007/10/12

ミャンマ-の軍事政権の国民弾圧事件の抗議意見文の

福田総理とビルマ大使館への提出の呼びかけから

より一層、ビルマのことが気に掛かります。

昨晩、ビルマの全権大使をしていた 津守滋 氏の

話を聞いていたら、いろんな要素が絡み合っていること

が少しわかってきました。その中に

お坊さんが立ち上がらざるえを得なかった理由のひとつに

お坊さんが食べられなくなったことが上げられていました。

ガソリンの値上げが発端と報道されているが、実は

食料値上げが主原因で有るようだ。貧しい国なので

エンゲル係数が70あまりで、主食の米が40%、

食用油(ピ-ナッツ油)が60%も値上げされたとか

その影響で、お坊さんへの托鉢の喜捨が激減した

そうである。ビルマの仏教は日本と違い小乗仏教で

戒と律を守る仏教です。その律というものは大変

厳しいもので、お昼を過ぎると明日の托鉢後の

朝食まで一切食べ物を口にしないとか。その托鉢で

皆さんから寄せられる供物が、激減したのでしょう。

スリランカなどでも飢饉になると、最初に亡くなるのは

お坊さんだそうです

勿論、国民の窮状を見過ごすことができなかったことが

静かなデモ行動に立ち上がった理由でしょうネ。

とかく日本人は世界の出来ごとで、日本人の被害者が

出ないことには冷淡であるようです。フリ-のジャ-ナリスト

長井さんが射殺されなければ、ビルマのこともあまり報道

されなかったでしょう。日本人でなくとも他人の痛みを

自らの痛みに感じることができるように、少しでもなりたいですね。

|

« 東海道五十三次 | トップページ | 電車、バスに乗ってます? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東海道五十三次 | トップページ | 電車、バスに乗ってます? »