« 導師帰還・信州上田観光案内その一 | トップページ | いただきます »

信州上田観光案内その2

 2007/10/7

この観光案内はしばらく続く模様です。

今日の案内は 信濃国分寺 です。

国分寺は聖武天皇が全国に作らせたものですね。

その本山と言えるものが、東大寺ですよ。

その内のひとつが、上田市に有ります。信濃国分寺です。

今はもう建物は有りませんが、国分寺跡に資料館が

建てられています。次男と長女と3人で見学をしました。

数多くの展示物のなかで、目に付いたのは、模型です。

発掘調査をして、伽藍を推測し、模型がつくられ展示

されているのですが、国分寺と国分尼寺の大きさが

ほぼ同じで有ることに感心させられました。

高野山などが女人禁制になっていたように、国分寺も

女人禁制で、女性用に国分尼寺がセットで作られて

いたようです。当時としては当たり前だったのでしょうが

その大きさも差別なく、ほぼ同規模だったということに

チョット 感動してしましました。

-------------------------

余談、小学校のおきまりの修学旅行コ-ス・奈良京都

は今でも変わらないようです。当然奈良では東大寺・大仏殿

にお参りしますよね。あの大仏様は作られた当時はメッキ

してあつたそうです。あんな大きいものをメッキする技術が

当時に有ったことには ビックリ させられますが、その方法

は梅酢と水銀を使用したそうです。水銀と言えば、熊本の

水俣病を連想しますが、当時の作業した人たちの多くは

水俣病に冒されたと聞きました。奈良時代にも公害ありですね。

|

« 導師帰還・信州上田観光案内その一 | トップページ | いただきます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 導師帰還・信州上田観光案内その一 | トップページ | いただきます »